FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
森進一ではないよ

子捨て箱容認ではなく、馬鹿親ポストを作ったらどうですか(激怒)

この問題は暫く前に燃え上がって久しく鎮火していたのだが、つい先日また報道が有った。
まあ、報道マンの都合で右往左往するのも無いのだけど、善行だからと根拠を見据えず強引に持って行く病院と世論にこそ問題が有るのではないかな。
そもそも、こんな事、やって良いのと基本に立ち返り吼えるわけです。
やっていい訳無いのに、それをしてしまう背景を議論する事も無く受け皿だけ用意すれば、受け入れる側は善行として評価されるのでしょうか。
冗談じゃないからズバッと切ってやるが、容認する事と怒りを持って戦う事とどっちが大変なのですかね。
まあまあ、なあなあで、必要枠だから作りましょうと唱える人達と、倫理と論理が破綻してると吼える人達。
論証する事も踏まえたら、どちらが楽ですかね――!?

人とネコとを引き合いに出すのは間違いであろう。
だが、同じ命である。
これは誰でも作れるものであっても、誰にも勝手に消せないものなのです。
例え当人であっても、当猫であろうとも、勝手には消せない。
ウチのエル子も捨てられていた。
母猫が置き去りにしたのだろうとporonさんは言う。
でも、もし、そうでなく、故意に飼主の都合で間引きされたのであったら、とても辛い話になってしまう。
当時、poronさんのサイトに嘲笑するコメントも有ったが、これは決して美談ではないのですよ。
助けられる命があるなら。何としても助けたい。
それが、人であってっも、ネコであってもだ。
私はそうする。

かつての欧米での話。
近親者によるレイプが横行し、10代の妊娠が社会問題になった時期が有ります。
この辺りは引用するのも辛いので、何処の国かは自分で調べておくれ。
そしてこのポスト、とんでもない背景に裏打ちされた社会制度である事も感じておくんなさいまし。

命といのちが触れ合う話など、滅多には無いもの。
だからこそ、こうして私は怒る。

<<と、ここまで書いて寝てしまい気が付いたら午前2時。
寒くて気が付くも、オンしたエアコンは送風状態に。
だから風邪ひくのね(涙)>>
そうして、そのまま気を失っていた(本日追記:爆笑!)

重ねて言う。
何故このような状況になってしまったか、血を流しながらも議論すべきなのだよ。
何が拙かったのか、何処でミスったのかを考えなければ、延々と継ぎ接ぎを繰り返すだけでしょ!って、事です。

やってはいけない事であり、それが平気になってしまったら、とうに人格は破綻してると思うわけです。
それを容認する社会も腐っていると捉えるべきです。
やるならば、行政は子供だけでなく母親も丸ごと保護するスキームを作るべきなんじゃないかな。
勿論、罰すべきは罰してだがね。

一つ書いておく。
所謂乳児院。
こういった目に遭った子供達が保護されて来る施設であるが、彼等の多くは元気が無い。
誰に比べてと言えば、通常の家庭に(通常、普通と言う表現もここでは不適切であるかも知れないが)育った子に比べ、感情表現が出来ない、欲求を上手く伝えられない、それが正当な物か否かが判らない、甘え方を知らない、常に大人に対しビクビクしている、つまりは良い子であろうとする、そしてそして、自己免疫力が弱い、つまりは生命力が弱いと言うレポートを私は読んでいる。
これらを紹介するつもりは一切無いので、興味がある人、文句がある人は自分で調べて読んで欲しい。
その上で反論して欲しいのだが、母親の庇護を得られなかった子供というものは、とてつもなく切なく弱い存在なのです。
飯を喰わせておけば良いというものではない。
昔なら当たり前にあった、先に書いた「通常の家庭」すらが変化し会話すらが無くなっている。
そんな中で子供たちは生きて行かなくてはならないわけだ。
ことによれば、毎日スーパーの惣菜だけで済まされているケースも多いのだろう。
今まで随分と書いてきたけど、何せ人間は楽したいからねぇ、、
その後に、その親達が老後を迎えてどのようなぞんざいな扱いを受けるか、ましてその子の人生がどんなものになるか。
その時は、これがスタンダードと言ってのけるのでしょうか。

こういう手順で文明文化は滅んでいくのだよ。

そして二つ目。
戦うに充分な力を持った弱者と名乗る奴らが結束し活動する影で、生きる力さえ奪われた真の弱者は何の助けも得られないまま死んで行く。
だが多くは語らず、政治、行政、世論、メディア、ついては論調というものはそういうものだと締め括る。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

これもあれも

 殉職された方の記事のコメントのトコやこの記事に非常に賛成です。
 つまり「何でも救える」「どうにかなる」等と言うのは所詮
 
お も い あ が り

 でしかないと私も思います。
社会としてそういう子を守るというのなら、もっと議論(ぶっちゃけ今かけてる予算の10倍も出せば遥かにマシになるでしょうし)しないといけないんだと。
 親のポストはつくれないでしょうが
「子を捨てた親の強制断種」
 これをキチンと付けるなら私は賛成してもいいかなァと嫁と話してました

  • 2007/03/10(土) 15:41:18 |
  • URL |
  • やす #WWxwfHwY
  • [編集]

考える力の欠如でjは

やすさん お返事遅くなりました。
昔々、コインロッカーズ・ベイビーという小説があったと記憶します。
もう30年近く前なのでしょうか。
コインロッカーへの子捨てが横行し社会問題にもなったのですがが、少しづつ社会の事が分り始めていた私には、何とも理解不能な事が起きるものだと、自分とは無関係な事件と思っていた記憶が有ります。
貧乏ながらも何とか良心の庇護は受けられていた訳で、まだまだ小僧だった事もあって理解出来なかったのです。
さてさて、記事には書き忘れましたが、最初に例の病院が報道で取り上げられた時、ドイツでは赤ちゃんポストが一般的なんだとの語ってました。
この歳になって、幾分は知恵を付けたつもりですから書きますが、放映する側の姿勢も問題なのではないかと思うのです。
放映されれば、出版されれば、新聞に載れば、パブリシティーを持ってしまう訳で、心の何処かに呵責を持った人たちですら、「自分だけじゃないんだ」と安心してしまうのです(by心理オタ)
結果、そうか、そうですか、そうなんだ、じゃいいんだ、というように風潮が出来てしまい、結果タブーがそうではなくなる社会になってしまうと考えます(ので、嫌われ者になっても、頑固オヤジは吼えます、笑)
話をドイツに戻すと、この国に限らずEU諸国は日本とは比べ物にならない程の多民族国家で、その歴史は古く貧富の差も激しい。
尚且つ少子高齢化も進んでいて、福祉政策を行うがために所得税はバカ高い。
そういった背景を論ぜずに『ドイツでは当たり前の社会システムです』と報道すれば、情報を受け取る側はどう思うか。
想像するにポストを利用するのは、経済力が無い若い母親なのだと思います。
見識も浅いそいつらに、先進国の事情だけを断片的に報じればどうなる事でしょう。
命の尊厳など何処かに消えてしまうと思うのですよ。
現に自分の罪を社会に転嫁する傾向は見え隠れしてると感じてるのは私だけ?
例えば給食費未払いで平気な顔をしているバカ親とかですが・・
バカを養うために社会制度は有るのではない、権利を語る資格がない!と、声を大にしたいのです。

すみません、熱くなってしまいました(反省)

  • 2007/03/11(日) 00:34:13 |
  • URL |
  • Cyber #-
  • [編集]

だからって何もしないと、一番困るのは棄てられた子どもなわけで・・
感情でものを喋らない方がいいですよ
反対論を掲げる人って、それで終わりだから困る
自分の手を汚したくないだけなんじゃないかと
反対論があっても、嫌がらせとかいっぱい受けても、それでも現場にいて、これは必要だと思ったからこそ決断した、病院を応援したい

  • 2007/06/13(水) 10:13:05 |
  • URL |
  •   #-
  • [編集]

困ったね~こりゃ
別に3ヶ月前の記事で議論をふっかけるつもりはないけどさ、HN位書きなさいよ。
しっかし、まあ、悪い時に書いたもんだ。
わたしゃ風邪が一ヶ月も抜けず、今も微熱が続いていて機嫌悪いところにこんな馬鹿な事を書いてくれるとは。
前々で書いていると思うんだよね、「不勉強な奴が偉そうな事を言うのが一番腹が立つ」って。
最初に捨てられたのは3歳の男児というじゃない。
乳児じゃないよね。

まあ、こうやって書いても、HNも書かない奴だから、どうせ見やしないだろうけど、他の皆さんに伝えます。
こっからが大事。
物事、合理的に判断されるべきと、穴の開くほど論理を尽くして倫理を議論すべきものがあります。
さて、この件はどっちでしょうか。
私は何度も同じ事を唱えるのは嫌なので書きません。

名なしさん、反論があるならHN位名乗りなさい。
それが最低のルールってもんだよ。

  • 2007/06/15(金) 20:33:00 |
  • URL |
  • Cyber #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monde.blog9.fc2.com/tb.php/268-4fa9298b
このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

03月 « 2019年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。