FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「ひなたちゃんの飼主さん」には感謝!感謝!

1時間以上も身動きせず座ってられるかが不安で、ず~っと散髪をサボっていたらば、終に前が見えなくなりました(笑)
一部の人から湯浅と言われたし(爆)
今週からチャリにも乗れるようになったし、そう、補助輪が外れた(ちゃう)、、思い切ってトライした。
一番不安だったのがシャンプー。
ちょっとの時間なのだけど、屈んだままの姿勢に耐えられるのか否か、、
いよいよとなった時、正直に不安を伝えると「じゃぁ、バックシャンにします?」と言って戴いたが、瞬間「爆シャンって、凄いの!?」と迷ってしまった。
どうやら業界用語らしい、、じゃなくて常日頃から「爆」文字など書いているのがいけなかったのね(苦笑)

まだ良く解らないので、タイトルにはしなかったのですが、「キレる子」という言葉の意味、というか実態とか共通項のヒントが見えて来た気がする。
かつて岡田尊司さんに倣ってドーパミン説やらも書いたのだけど、色々と読み進むに至って「言語による思考力と表現力の欠如」なのかな?と思えてきた。
まだ言語を知らない赤ん坊が、その欲求や生命的危機を伝えるがために泣叫ぶだけのように、それよりちょっとだけ育った子供達は表現力がまだまだ未熟で、言葉で相手を非難出来ない、目上に抗議出来ない、更にはその論理論法も身に付けていないがための爆発行動なのかと思い至った、、というか思いついた(^^;)
それと、コミュニケーション能力の低下は否定出来ないと思われる。
ゲーム脳の話を持ち出すとまた顰蹙ものかも知れないのだけど、都合が悪ければリセット出来るゲーム世界と違って、実世界では、例え子供の世界であっても「追い詰められる事」がある。
僕の子供時代もそうだったし、いつの時代も同じだったと思うが、窮地に立たされてキチンと弁明できないと、以後は相手にされなかった。
そういった危機的といってはオーバーだが、追い詰められた中で一所懸命考えて、相手とやり取りする能力が育ってないのではと思い至った。
それと、RPGにはシナリオが有る。
吸収が早い子供の若い脳は、次にどういった手に出たのかを、一瞬にして記憶してしまい、負けたらばリセットし、若しくは100円を入れてやり直すのであるから簡単に逃げられる。

ところが現実に於いて対面する相手が言う事は千差万別で、その対応もそれぞれに違うのだけども、それを学んで来なかったら、到底受け止められる筈がない。
これは大人も同様だが、事件や問題を起した子供も大人も「話す力、聞く力」が育っておらず、心のままの表現が出来ずに爆発してしまったのではないかなと、仮定している。
それと、虐めの事にも触れてみる。
苛められる理由というのは、今も過去も同じであるようだ。
何かの弱点に付け込まれ、攻撃の対象にされる。
その理由の多くは「皆と違う」というのも昔と変らないであろうが、繰り返し攻撃する理由は毎度毎度同じである。
子供なり、、いや殺伐とした経済状況の中では大人でも、会社という組織の中でも同じ話を聞きますが、、あんたたち、猿ですか(爆笑)
序列を争って己が力を見せ付けるための相手なら、弱ければ弱いほど好都合です。
上手くすれば、そいつを手下にして、徒党を組む。
猿山も人社会も似たようなモンです(笑えん)が、子供達の間でも最後には金銭での決着になっている事が、尚更笑えん。

キレる子供、凶悪化する青少年犯罪、全ては大人がだらしないからという括りでは、問題の根幹に行き当らないのでは?
大人も子供も、考える力、対面する力が、圧倒的に不足して来ているのではないかな?気が付かないうちに、、ツッコまれると困るけど(苦笑)
凶悪事件を犯した、所謂未青年、感覚的には半大人の犯行動機は「未熟で短絡的」とか「異常性格」、「反社会性」とかの一言で片付けられるのだけど、その犯罪を実際に行うに当っては、当人も人間である以上、相当に葛藤している筈なのです。
ではそれを突き破り犯行に至る力は何なのか。
他者への尊厳の否定、自己価値の傲慢が一つ。
そして自己価値の否定、これは自己破壊型の凶悪犯罪、つまり最終章には自分の死が待ち受けている犯罪がもう一つなのです。
どちらにしても、生への侮辱、否定といった犯罪が増えているように思えます。
つまりは、自分が「思う通りの理想」で生きていない事への、自分の身をもっての反逆(判り辛い)なのだろう。

勝手な事を言って、サッサと逃げてしまうようだけど、話す力は誰かと話さないと育たないし、聞く力は誰かに聞いて貰えないと育たないと、最後に書いておきます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

バックシャンって

バックシャンって、業界用語じゃないんじゃないですか?
僕より上の世代の人たちが使ってた言葉だと理解してましたけど・・・

  • 2006/09/22(金) 12:49:52 |
  • URL |
  • どんたく #-
  • [編集]

でしょうね、きっと

どんたくさん こんにちは
朝シャン位なら知ってたんですが、何か耳慣れない言葉を聞いた気がして。
今までは「バックシャン」が当たり前だったので、言葉を聞く事が無かったのです。
若しくは記憶力に問題が(若年アルツか、、冷汗)

  • 2006/09/22(金) 15:32:05 |
  • URL |
  • Cyber #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monde.blog9.fc2.com/tb.php/229-4f59bb01
このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

08月 « 2018年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。