FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
目を疑ったぜよ。

一昨日、この時間のトップは『「麻原教」行く末は いつ死刑執行か』ですと。
しかもクリックするとタイトルが変わってやんの。
http://www.asahi.com/national/update/0915/TKY200609150422.html
大体、日本語の表現としておかしい。
事件の重大性を考え合わせたら、「教えの果て」だのはコラムにでも書いたらどうだね。

ちょっと違う事を書いてみる。
最近は腰をやった事もあって、すっかり撮影には行ってないのだけど、各地に行く度に気になっていた事があった。
モデルは勿論伊東美咲ちゃんなワケない、、ハイ、野良の生物中心であります。
何がモデルになるかは、時折々なのだけど、雀と烏は何処でも見られる。
べっつに、面白くも無いし、珍しくも無いし、と、思いながらも、仕方なくファインダーを覗き込んできたのだけど、変な事に気が付いた。
雀も烏も顔付きが違うのですよ。
特に烏の顔付きは都心の烏とは雲泥の差があるのですよ、、、信じないだろうけどね。

新宿中央公園の烏は恐かった。
行き交う人達に威嚇の目を向けながら、常にチャンスを窺っていた。
獣と言うものは、普通ならば自分より大きい物には警戒し、距離を置いて観察するものだけど、中央公園の奴等は人と同目線上でメンチギリ(爆)してた。
奴等は人が残す残飯ばかりでなく、鳩の喉元に一撃を食らわせ食べていたのだから、その凶暴さは推して知るべし。
多分、幼児ですらも襲えるとも思っていた事だろう。

一方田舎の烏はというと、至ってのんびりしている。
何せ残飯を漁らなくても餌は十分にある。
こちらがレンズを向けようと、近付こうとお構い無しなのである。
この違いは何だ、種の違いでは有るまい、ハシブトガラスであろうともハシボソであろうとも、ミヤマであろうとも、関係は無かろう。
中央公園には圧倒的にハジブトが多かったが、地方の田園地帯、海岸地帯でも同様、ハシブトが多い。
違いは都心の烏のギラギラした目付きに比べ、地方の烏の目はトロンとしていて、人に対しての警戒心が少ないように思われた。
まるで、都心に住む人間と、田園地域に住む人間の、そのまんまの顔ではないかという事に思い至っては、苦笑するしかないだろう。

烏は何故都心から離れないのか。
理屈から言えば、餌が豊富な山間の地で暮らした方が何かと楽な筈なのだが、それをしない。
街に暮らした方が、動かない餌を採れる、楽して暮らせると学習してしまったのだろう。
カロリーも桁違いに高いし。
そもそも野鳥は日の有るうちは食べ続けないと体が持たない。
その羽ばたきのスピードは、雀や四十雀の小鳥では1/800秒でも明確には捉えられない程なので、運動量は相当なものである。
であるから、草の実や木の実、野ねずみやバッタ、こうろぎを狙うより、街に居た方が楽なのです。
都会の烏の目的、それは人間そのものではなく、本当は人間が持っている食料なのです。
空から威嚇して、驚いて逃げた人間が落とした食べ物が狙いなので、例えば何か食べながら道を歩いている状況なら、とても狙われやすい状況と言えます。
まして幼児はオヤツを抱えている事も多いし、その辺りも学習しているのでしょうね。

今年はブナの実の不作の年らしい。
ブナの実は1年おきに豊作と不作を繰り返すとの事である。
不作の年には熊が人里まで降りて来て、食料になりうる物を片っ端から荒らしていく。
これを防ぐため、熊の森にドングリを送ろうという運動も有るのだが、人間の食い物の美味さに味を占めた熊に何処まで効果があるのか。
学習してしまったのである。
猿も同様、各地で暴れまくっている。
こいつ等も学習してしまった口である。
最早、山に餌が十分に有れば問題は起きないという事ではないはずだ。
熊も猿も烏も学習してしまったのだから、効率の良い方に向かって来るのは仕方ない。
今、その学習能力を逆手に取り、人里は恐い所として熊に教え込む試み(威嚇)がされているのだが、効果の程は数年先でなければ判らない。
群れを作る動物、猿も烏もそうであるが、こいつらには断末魔の声を聞かせると一斉に逃げていくそうだ。
多分、ネットの何処かに有るだろう(←無責任、スマン)から、必要な人はやってみて。

化け物の話題から脈絡無く、烏、熊、猿、になってしまったのだけど、宗教団体と棲み分けるという意味などでは、ア~リマセン。
解釈は自由ですが、、断末魔の声、あっ、これ!(爆笑)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monde.blog9.fc2.com/tb.php/227-3a65b72b
このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。