FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

ついさっき、フジで細木さんが語っておられた。
ゲーム依存症の子供が包丁を持って父親に向かったというものであったが、その原因を欲求不満(愛情享受欠如)とか男として扱ってないとか、心を解きほぐす努力とか仰ってられたが、説明がトンチンカンですね。
素人の私が語るのも良くないのですが、人の心というものはデリケートで傷付き易く、まして子供は親のちょっとした仕草や発言、更には対等に向き合ってくれない事で拠り所、居場所を無くし、疎外感を感じるモンなんです。
放映の家庭の例では妹が居り、お兄ちゃんなんだからという、絶対的な結論付けが良くないと細木さんは言ってましたが、、これはまあまあ当りです。
ですが、他の発言は誤解を招きかねませんね。

そもそも何でゲーム依存になったか、そこが語られていないんです。
放映内容だけで語るのも、まして私みたいな素人が口走る事でも無いのでしょうけど、想像を恐れずに言うのならば、この家庭はいつしか妹中心の家庭、つまり愛情享受の中心的対象は妹であるという暗黙の了解が出来てしまっていたんですね。
そうなると兄としては愛情享受が十分でない、、子供は大人と違って感受性という気持ちが未発達なので目に見える具体的なもの、つまり物質的、金銭的なものを親の愛情と感じ取ってしまうんです。
そこで妹ばかり愛されてという気持ちが生まれた事でしょうし、疎外感を感じた兄の心は、甘えたいという自然な心の欲求を壊されないためにバリアを張ります。
それは誰にも踏み込ませたくない心の聖域、落ち着ける場所を求めるようになるんです。
そうなるとリアル面では、家族ですら聖域に踏み込んで欲しくない敵になりますから、彼は必死になって自分のネグラ=聖域を守ろうと、心情を理解していない大人達に全身全霊を持って立ち向かって行くだけなんですよ。
私も元嫁の振る舞いには随分と悩み、対処のしようも無いまま離婚しましたけど、反面その動機を探るべく随分と勉強もしましたので、コレ位は言わせて戴いても良いかと思います。

で、今日のおすすめ著書。
http://book.asahi.com/booktimes/TKY200505300264.html?to
お母さんはしつけないで
記事には出版紹介が無いのでググっておきました。
http://books.yahoo.co.jp/featured/interview/20050601hasegawa/01.html
インタビューを読むと、何やら的確な気がしますね。
私は町沢先生ファンなんですが、読んでみようって気になってます、っえ?
読んでねえのに紹介すんな!ゴラァですね(大汗)

もし万が一、細木さんがコレを見たら怒るでしょうね。
大先生にクレーム付けたんですから。
あんた、地獄に落ちるよ!って。
でも、、地獄より存命中にアンタに言われる方が恐い、喜んで地獄行きます(爆)
まぁ、閻魔大王の親戚に見えなくもないけど、、
だ・け・ど・、間違いは間違いYo!
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monde.blog9.fc2.com/tb.php/22-36d2efef
このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

09月 « 2019年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -