FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
By南佳孝

ここの所、調べ物ばかりで毎日が終ってしまう。
次のデモソースも書き上げながらの事なので、つい通院もサボってしまう。

先日は「情緒こそが日本を救う」と書いた。
補足と言うわけではないけど、もう少し書きたくなった。
徳山高専の事件も、稚内の母親殺しも、奈良の自宅放火も、柔らかな感情を持ち合わせていれば防げたかも知れない。
全てが狂ってると一言で片付けるのは簡単な事だが、何処が違ってきているのかと問えば、誰もが漠然としか答えられないだろう。
我々は生活が便利になり過ぎて、かつ、明日食い詰める恐怖から解放されて、何時からか考える事を止めてしまったのだろう。
そんな中だから、価値基準は全てが数字に準えられるとしても仕方ないのかなぁ?
過去にも書いた(気がする)が、人間力が低下しているって事に早いところ気が付いた方が良い。
人類というのは、逆境に喘いで来た時こそ必至になって進化を遂げて来た、社会を豊かにして来たのだけど、それが緩んだら退化するって事も有り得るのですよ。

感性、情緒について論ずるのはとても大変な事だ。
感性は一人一人皆違うもので、それらを相互に認めながら話し合う作業は、とても骨が折れる。
大抵は時間的、経済的事由から話はチョンになってしまうのだけど、話を続ける根気も失せての結果というのが本当の処だろう。
もし、その根気、気持ちがあったらば、人間力はより柔軟で強固になっていただろうし、前出のような短絡的事件も起き得ない筈だ。
全てを同じ尺度で測ろうというのは、社会的な約束事であって、心の尺度ではないのです。
人がどう感じたか、どうしたいかを感じ取るというのは、人だけが持つ能力であるかも知れないのですが、それが今、どんどん退化して行っているように思うのです。
話は逸れますが、私がファミレスやファーストフードが嫌いな理由の一つに、「機械相手のようなマニュアルトーク」が有ります。
「何人様ですか」(指2本立ててんだろうが、ゴルァ)、「おタバコお吸いになりますか」(空いてりゃ何処でもええんじゃい!)、「ポテトも如何ですか」(単品って言ってるだろう、二度も言わすな)等々。
共通してるのはですな、人を見てないで話すところなんですな~。
そういった「マニュアル教育を受けてきた」からと言われてしまえばそれまでなんですが、これこそ今の日本人が失いつつある能力なのかな?と、思うのです。
何せ、それになぞらっていれば、らくだもんねぇ~、責任無いしねぇ~(笑)
でも、本国マクドナルドの店員は、もっと、のびの~び働いていたなぁ(爆笑)
マニュアルが本当に必要だったのは、言葉が幾つも飛び交う多民族国家のアメリカだからであったのだよ。
それを日本人は近代化と勘違いしたに過ぎない(大爆笑)
全てを経済で測る事がスマートであるかの幻想を抱いたのだよ、楽だからという理由で。
結果、効率ばかりを重視するホリ・ムラ・ミ○なんてのが、国民うけしたのだろう、、皆、真似したかったからね。

タイトルには「スコッチ・アンド・レイン」と書いた。
南佳孝さんの曲で、もう25年も前のものである。
ヒットすらしなかったが、当時思春期であった私にとってはとても印象深い曲である。
今も多分弾けるのだろうと思える位、ソロは真似たものだ。

かれこれ5年も前であろうか、、カジキを追い掛ける事になる前だから、もっと前ですかね?
初めて船長(オーナーとは別)に出会った時の事。
リアシートに乗せて貰ったとき、「スコッチ・アンド・レイン」が流れていた。
前に座っていた先輩は「何だ、このオカマみてぇな曲は」と言って、勝手にFMに切り替えてしまった。
無理もないなぁ、、詩が女言葉で「なのよ」とかと、南佳孝さんが歌っていたのだから、、
今思えば、美川さんの「さそり座の女」の方が未だドライだったなぁ~(爆笑)
船長はどちらかと言えばガテン系職種の社長さん。
どんな想いでそれを聞いていたのか、甘酸っぱい過去が有ったのか、憧れだったのか、いやいやエエ歳こいて狂い咲こうとしていたのか、何一つ聞けなかったのだけど、一回りの世代を超えて共感できた事に、えらく感動したものだった。

幾つになっても、置いて来た過去はリフレインする。
船長や私だけじゃなく、人間とはそういったふうに出来ている。
それを無理矢理効率化しようというのは、歪を生じさせてしまうのです。
のびの~びし過ぎていても困りモンだけど、感性無視のまま一律な型に嵌めてしまう方が、後々問題を大きくするのだと括る。

四角いメロンは美味いのかなぁ、、
スポンサーサイト
このページのトップへ
一皮剥いた真相は意外に単純なものだ。
水は高い所から低い所へしか流れないようにね。

あれやこれやと、報道が推論やチョイ出しで視聴者の興味を駆り立てるものだから、余計に混乱を招くのです。
正にポリティカリーコレクト風潮を証明したのです(爆笑)
そんな言葉を知る由もない鈴香だが、優しい?報道スタッフに囲まれて、いい気になって家にまで招き入れている。
ところがその後の豹変振りはどうだ。
また、綾香ちゃんが殺害された後、豪憲パパに「彩香ちゃんが映っているから」とホームビデオを渡された際、何故か分らぬが鈴香は激怒したそうな。
普通なら「数少ない我が子の記録」と思うのだろうが、多分鈴香は「勝手に何撮ってんだ、この野郎!」と、思ったのだろう。
後ろめたい事をした人間は「そこから証拠が見付かるかも」と、焦る訳です。
後述もするが、断じよう、計画殺人だ。

橋から突き落としたとされている供述だが、確実に殺せるという保証は無かった筈である。
4月9日の気温を見てみると、最高:8.2度、最低:2.1度なので川の水温は多分5度以下であったろう。
風速は7mだったので、かなり厳しい寒さだったと思われるし、心臓麻痺を起こしてもおかしくない水温なのだけど、それだけに賭けるには無理がある。
彩香ちゃんが殺害された日の秋田の日没は18:11分。
日没とは太陽が水平線や地平線に完全に隠れてしまう時刻の事であるから、夕暮れは大体30分前から始まる。
犯行時刻は17時半頃であろうから、既に辺りは薄暗かったはず。
16時頃には自宅前で豪憲君に目撃されているのだから、家を出た時間を16時30分と仮定してもサクラマスなど観られる時間帯ではない。
さらに山間部では「とっぷりと暮れる」という言葉があるように、残照が平地より少ないのです。
現場とされている大沢橋までは直線距離でも5Km以上ある。
田舎道であろうから、多分15分は掛るだろう。
となると、17時に差し掛かった橋の上からは川面は真っ黒な筈なのだ。

生活保護の支給額はその世帯の人数で決まる。
就労可能な人間が、ある事由をもって働けない、収入を得る事が不可能と思われる時に発動されるものである。
鈴香は勿論就労可能であったが、精神的に病んでいる、2週間に一度通院(保険の摘要もあってこれが普通)しているとの詐病し、幼い子供が居るとの理由で受理されたものと思われる。
弱い者の味方の行政としては子供には弱い。
さて、皆さんに質問だけど、保護費申請理由の大方を締める彩香ちゃんが居なかったら、申請は通ったろうか?
確実に却下である。
働きなさいと言われ、門前払いの筈だ。
また、詐病については医師の診断書も必要であったろうけど、大抵の医者なら診察に訪れた患者から鬱症状や不眠、対人不安などの症状を告げられると、睡眠薬や向精神薬を処方する(悪用しないように!!)
また、精神科と心療内科とではその扱いも違うのです(あまり深く書けないが・・)。
医者としたら、常に不安を訴え対人関係がスムースにならない、身体的症状が出ているとの患者からの訴えがあれば、大抵は処方される。

一方でこの有り方に問題がある(転売の可能性)との声も大きい。
その薬剤の効き目、力価は様々であるのだが、服用すれば一時的に意識が朦朧とするものだ。
大体が脳内の伝達ホルモン、セロトニンの分泌を抑制するものなので、状態としては外部の刺激に対して「ぼんやり」してしまうものだ。
睡眠薬と同じと思って戴いても良いかも。
さて、また皆さんに質問。
朝晩そんな薬を呑んでいたらば、車の運転など出来ますかね?
無理ですね、、終始酔っぱらったような状態なんだから。
としたらば、処方薬は転売されてたのかね。

話を生活保護に戻す。
生活保護費が減らされる、若しくはストップされるリスクを犯してまで彩香ちゃんを殺した理由は何なのだろう?
彩香ちゃんが居なくなってしまうと、当然その分は減額される。
役所も、だったら働けるでしょうから、給付しませんとなるのが普通。
当然、それをもって上回る報酬が期待出来なければ合わないものだ。
そこで浮上してきたのが、保険金殺人説。
1千万とも3千万とも囁かれるのだが、多分支払の段になって保険会社の調査が入り保留に。
目撃者公募のビラを撒いたり、体育祭に彩香ちゃんの写真を持って参観したりの行為は、全て保険会社向けのものだったのです。
裏付けとして、取り巻く報道陣に「私は被害者なんですよ」と怒鳴り散らしてみたり、カメラを奪おうともみ合ってみたりの事も掲げておく。
我が子を奪われた母親なら、普通ならば悲しみに明け暮れ自分の明日も見えない筈で、出ずっぱりになるとか、泣叫ぶとか、もっと違った感情の表現があったはずなのに、積極的に怒りをぶちまけていた。
「私は被害者」との言葉に心理オタはピンと来たのです。
普通ならば、そんな事は自ら言わなくても十分伝わって来るものなのだけど、わざわざそれを強調する理由って何?とね。
誰しも相手に信じて貰えない時、疑惑を向けられた時、声高になりますが、鈴香は自分の言葉で騙せない世間、シナリオ通りに動かなかった世間に激昂していたのです。
それと、、元々我慢強いのが東北人気質であった筈。
大体東北人は訛りのコンプレックスが有って、中央の人達には余り話したがらない。
ところがどうだ、鈴香はゴリゴリの秋田弁で文句を言ってましたかね?。
それこそ、その時での感情の炸裂ではなく、予め練られた言葉なんです。
それともう一つ、、報道陣が張り付いていると、枕営業なんて出来ませんからねぇ、、(大爆笑)

鈴香は保険金が入らない事で焦ったのですよ。
何せ彩香ちゃんが亡くなった事で生活保護は取り止めになった事だろうから。
そこで、誰ぞに入れ知恵された犯罪被害者給付金に目を付けたんですね。
となると、益々他殺説を濃厚にしなくてはならなくなるという展開です。
次のターゲットを探すべく、鈴香は綾香ちゃんの霊前で集合写真も撮っていたのですよ。
普段から近所付き合いも無かったそうだし、ゴミ屋敷の営業現場に彩香ちゃんの友達を招く事も無かったろうし、勿論父母会なんて参加した事は無いだろうから、鈴香は彩香ちゃんの友達の顔を知らなかったのだよ。
だから、体育祭にも行ったのです。
報道されたVTRを良く見てると、鈴香の目線の動きがおかしいものね。
「彩香と同じ年頃の豪憲君の仕草を見て、堪らなくなって殺した」等と言ってるが、Vの中での鈴香の目線はしきりに子供たちを追い掛けている。
「同じ年頃の子供に対面できない」という言葉と矛盾しますなぁ。

何故豪憲君を殺したのか?
口封じ説もあるが、大沢橋で彩香ちゃんと二人居た所を何人かに見られているのだから、口を封じるのであればそちらであろう。
犯行現場を見られたなら可能性は有るが、そうではないだろう。
豪憲君の家が2件隣であった事で悲劇が起こったのだと考えるのが自然です。
豪憲君一家にコンプレックスを持っていたという説も有るが、手っ取り早かった、手に掛け易かったと考えた方が自然。
一人で家に向かっていた豪憲君を、隣近所のママさん達の目を盗んで誘い込んだのでしょう。

誰かが死んでくれないと、鈴香には都合が悪かったのですよ。
なので彩香ちゃんの時とは違う確実な殺害方法、絞殺に変えたのです。
まして、死体の遺棄は見つかり易い道路際の場所。
連続殺人犯ならば、その殺害方法は概ね似通っているものなのですが、そこまで考えが及ばなかったと考えます。
4月9日の犯行直後、警察に自ら通報し騒ぎ立てた鈴香の心情には、「まかり間違って彩香ちゃんが生きて発見されたら困る」という、焦りの気持ちも有ったのです。
豪憲君の遺体を道路際に遺棄したのは、早く発見されて欲しい、、ついては犯罪被害者給付金やら保険会社が折れるやらの目論見のためでしょう。

信じられないだろうけど、閉ざされた世界、ファンタジーの中では、こんな自己中な発想、稚拙な計画は、容易なものなのだ。
ただ、一つだけ書いておきたい。
鈴香自身はそれが自分にとっては当たり前だと信じ切っていたところが恐ろしいという事を。
簡易鑑定も行われたそうだが、解離性同一性障害なのかなと思うが、追い詰められた状況で有る時、誰もが心の仕組みとして逃げ道を探す物である。
それが嘘であるというのは前出の通りであるが、問題なのは嘘を肯定するための嘘をでっち上げる所にある。
コモンセンス、常識という社会的に共通な価値観で我々は暮らしているわけなのだが、時としてその価値観を上記の嘘がぶっ壊す事がある。
それが様々な犯罪に繋がるという事であるし、嘘つきとしては、自分なりの常識、でっち上げた正義感や価値観に反する物は邪魔になるのです。
だからこそファンタジーなのです。
そもそも「自分が何をしてたか」という事を記憶するのは容易であるけど、「自分が何をしてた事にする」という作業は「相手に何を言ったか」という事をシケンシャルに記憶しなくては辻褄が合わなくなるのだから、面倒な作業の筈なのです。
そこまでしても自分を守りたかったものは何か?とも考えるのだけど、長年に渡って染み付いてしまった嗜癖なのだろ。

写真は言葉を語らぬ。
「ドレスを着た彩香ちゃんの写真」が気になっていた。
「良い母親を演じようとしてた」という話も有るが、そうであれば人前で平気で娘を詰るような発言は矛盾を感じる。
ゴミ屋敷と言われている家屋、料理は全くせずインスタント物しか食べていなかった事実とかけ離れすぎているのだよ。
その上でのドレスって何?
普通の親の感情なら、その節々での子供の成長を記録したいと思うのが常です。
七五三とかね。
でもドレスだった理由って何?
貸衣装で何時でも撮れたからという事だろうね。
それと、写真を見た人間に「私はいい母親です」アピール、、いや嘘つけるもんなぁ(爆笑)
倒錯の世界に浸っていたのですよ。


かつての日本には、絶対にしてはいけない事という教えが有ったと記憶する。
考えが古いと批判もされるのであろうけど、そう言う方々の方が実は勉強が足りないのだよ。
考えが深まっていないし、情緒がまだまだ成熟していない上、自己利益誘導の論争ばかりに熱心なものだ。
捕まらなければ何やってもいいのか?
情緒の鈍磨とモラルの低下は比例している。
感じる力が欠如しているから、自ずの行為を注意されると、それを否定と誇大解釈し過剰反応してしまうのだ。
いわゆるキレるという反応なのだろう。
だが、キレる人達は情緒が鈍磨している、感じる力を何処かに忘れて来てしまったのだと、今日の結論としてしておきたい。
薬物の影響による例については、今日は踏込まない。

鈴香の連続殺人事件だけでなく、経済犯罪などに於いても最近の日本は異常だと、今日は括っておく。 このページのトップへ
鈴香の後編を書く前に。

狂った奴は何処までもその軌道を変えられぬどころか、正当化の術を得ようとして足掻くところは鈴香と同じと断ずるなぁ(爆笑)
http://www.asahi.com/national/update/0824/TKY200608240140.html
自分が飼っている猫が産んだ子猫を殺したこの馬鹿野郎、「坂東眞砂子」というらしい、直木賞作家だとの事。
へぇ~直木賞も文壇も地に落ちたのね!と、思った事件なのです。
昨日のアサヒWEB報道以前に知ってはいて、スルーするつもりでいたのだけど、『避妊手術も「生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ」』、『「人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない」と主張。だが、「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した」』という文節には絶句した。
アンタ自身呵責が有って、他人の同意を得たくてわざわざエッセイに書いたんでしょぅが!
そういった、ひん曲がった感情が世間にどれだけの影響を及ぼすか判ってないようだね。
そもそも小動物の生きる権利、、いや権利という言葉はやめておこう、、生きようとして生まれた命を絶するなどの裁量がコイツには有るのかな。
それ程優れた人なんですかね、、後々懺悔記事書いておきながら。
これじゃ鈴香と変らんな。
人だって猫だって同じ生き物なんですよ。
弱い者に対して犯行を行ったという意味では、今後の危険性は否定出来ないな。

犯行はフランス領でだったのかな?
だとしたら、動物愛護法での起訴も有るかもね。

毒舌し切れぬ馬鹿野郎だな。 このページのトップへ
昨日、鈴香のことを書くつもりだったと書いたけど、以下全てを書き直した。

色々と悲しいネタを提供してくれた事件だったのだけど、材料が出尽くしたところで再検証が必要だろうと思う。

前々から疑問だったのだけれど、何故あれ程学生時代に忌み嫌われていたのだろうか?
卒業アルバムでの寄せ書き、同級生からの小学生並みのコメントは何故だったのだろうと、心理オタとしては不思議だった。
そろそろ分別も身に付けようという年頃の言葉としては余りにも拙い。
となると、鈴香の生い立ちに大いに興味が沸いてくるのだが、特に「何故、ここまで忌み嫌われたのか」という点が、とても気になる。
子供の間での虐めのトリガーは「皆と違う」「だらしない」「不潔」「虚言癖」「盗癖」などなど、色々と揚げられるが、、
「ファンタジーに浸らなくてはやってられなかった」のだろう、という仮説を立てると、虚言癖の可能性が多分に有ったのではないかと思う。
嘘は追い詰められた時に自分の心を守る為の、自然に備わった機能なのだけれど、度合いを越せば子供の間であったとしても信頼を失う。
何故そうなったかである。
ネットを辿って行くと「幼い頃、風呂に入らず不潔だった」という記述が目に止まった。
殺された彩香ちゃんも同じ状態であったと言うのが、その理由である。
鈴香自身もネグレクトされて育てられたのだろうか?と思うのだが、チョッと待て、、あの巨体は何だ!
幼児期の基本となる成長過程期にネグレクトが有り、栄養不良状態が有れば、その後の発育期に影響が出る。
これは医学的にも昔から論ぜられてる事で、オードリー・ヘップバーンの胸板の薄さは幼児期の栄養不良に有るとまで発表されている。
つまり成長のベースとなる部分が出来上がってないから、その後に幾ら頑張ったって追い付かない筈なのだが、、
ということは、喰うには困らなかったが、かまって貰えなかったか、本人がだらしなかったかの、どちらかであろう。
ともかく、その辺りが忌み嫌われる素因になったと考えても、可能性は十分にある。

心理オタとして気になるのは、これだけ罵詈雑言を浴びさせられたら、通常の感情であれば反撃に転ずるものなのだが、鈴香は「二ツ井に帰ってきた時は遊んでやってください」と、まるで自分が皆から愛されている、好かれているようなコメントをしている所なのです。
つまり当時から、自己社会没頭??アイデンティティーと現実社会とを隔絶していた感があるという事なのですよ。
それは、「帰ってきたらまっすぐビューホテルの???の???のでよろしく」というコメントが物語っていると思うのです。
普通の17~8歳なら、こんな受け流し書けまい、、もっと感情的な筈だ。
だが鈴香にとっての「ビューホテルの???」は、最も理想化された自分であって、既に隔世へ飛び立っていたに違いない。
担任も赤入れせず、そのまま版下作らせたのだから、相当な嫌われ者だったのだろう。
自分を守る為の嘘は、この辺りから始まったのだろうね。

それでも、「虐め、アホばかりの高校」とも思ったが、この1週間ネットで賛否両論を調べてたらば、鈴香は高2の頃、部活動遠征費を盗んで無期停学になってるとの記事が有りました!
一ヶ月で停学は赦免されたものの、荒み出したのはこの頃かららしい。
鈴香の実家はそれ程貧しかった訳でもないらしい。
当時、父親はダンプ稼業で稼いでいて、新築一戸建ても手に入れていたとの事だが、糖尿病からくる視力低下で運転が出来なくなり廃業し、そこから経済的転落が始まったようだ。
当然家は売却。
生活費に困って、街金に借金を作ったようだ。

同級生としては、鈴香の自己中な性格と隔世感のある書き込み、盗みのバックレから、極めて正常な反応を、最後の最後に「拙い言葉」で表現したまでという事のようだ。
秋田は虐めが物凄いと断ずるのは言語道断。
そうなの?思われた方は色々と拾ってみて下さい。
私もこの点では随分と悩みましたが、ここで書くより実際に数多の情報を収集して重ね合わせてみて欲しいのです。
そうする事で、あなたなりの結論も出るものです。

で、興味深いのは、母親、弟、鈴香の順で自己破産をしている事です。

街金のオヤジ、いや失礼、社長とも親交が有ったので色々と勉強させて貰ったからこそ書くのだけど、この業界での融資条件はかなり厳しい。
街金オヤジもかなりの悪人には違いないのだが、銀行から融資を断られて廻って来る客相手なのだよ。
与信が付かないので、連帯保証人は3人立てろと言っていたそうな。
でもまぁこのオヤジ、債務者に仕事を廻してやるなどしてたので、憎めない、、二世でよく頑張ったと、半分位は尊敬してるのだけど。

自己破産の話に戻ります。
前述したのは企業レベルでの融資話。
当然額は大きくなりますから、連帯保証人3人というのは頷ける話。
ですがここでのテーマは鈴香一家ですから、その融資額は桁が2つも下がるのではと、思うのです。
取り上げたいのは、その額だったら保証人も要らんべな、という事。
で、それを踏み倒すに至った経済状況は推して余りあるべし、経済管理が甘かった、だらしなかったのねという事。
鈴香が自己破産をしたのは2003年との事。
その後は生活保護費で暮らしていたのだけど、興味を引かれるのはその前年か前々年に母親も弟も自己破産宣告をしているところなのです。
額としては、鈴香は500万程度、、夜遊びとパチンコでの借金であったらしいけど、多分母親と弟も個人での破産の場合はそれ以上は難しいので多分同程度でしょう。
早々同居しているとされる母親と弟は生活保護費を申請し受理される事となるのです。
それを聞いた鈴香は、職場から前借りを繰り返していた生活が馬鹿らしくなって、彩香ちゃんが小学校に上がる頃にあっけなく自己破産、、という事らしいです。
それでも生活保護費支給額はギリギリの線であるから、鈴香は昔取った杵柄を駆使して、かの就労と、自宅営業を始めたとの事。

この事件、週刊誌のスッパ抜きは数知れずなのだが、具体的な話となると近隣の誰もが口を噤むらしい。
「語ってはいけない」事なのか、地域での公然の秘密なのかと、思われる節も有るのだけど、東北人特有の性格が情報を遮断して、結果妄想を広げているというところも有る。
豪憲パパの関与も取りざたされたが、それは余りにも極論である。
彩香ちゃん捜索のビラ作成に協力したのは、豪憲パパとの事らしいが、それが廻り回って枕営業の顧客管理簿まで作っていたという情報。
そもそも「だらしない鈴香」が、それを使って年賀状や時節の挨拶状を送るか(大爆笑)
その裏付けだけど、鈴香の携帯通話料は毎月7万円にも及んでいたという事から、勧誘も自ら携帯で行っていたのでしょう。

もうひとつ、付帯情報だけど、鈴香の恋人とされていた男が6月3日に水死していたらしい。
サクラマスの解禁直後の事故との報道ですが、、まぁ、関係ない事を祈ろう。

後編では事件の流れと、心理的背景を断じます。 このページのトップへ
ホントは鈴香の事を書こうと溜め込んでいたのだが、、

時間が出来たので、広角ズームをオーバーホール。
何せこんな写真になってしまった(泣)
http://d70.blog6.fc2.com/blog-entry-151.html
わざわざ日本海まで行ったのに、レンズゴミだらけ~(号泣)
点々と写っているのは海鳥ではありませ~ん!(続号泣)

なので、いざ「オーバーホールでクリーニング」となったのですが、ばらし始めたのは掃除が終った16時。
埃は大敵なので、事前にエアコンと扇風機をお掃除しました。
で、ばらし終える手前で撮ったのがこれ。
ちなみに時間は18時半、、
N0723.jpg
ちなみにプロの写真家の方でもこんな画は、滅多に観ないでしょうという、負け惜しみ(爆)画像を。
あぁ、レンズの向こうのネジにピンが合ってる(爆笑)
N0720.jpg
絞り羽の実画像。
ストロボで撥ねてますけど、こんな仕組みになってます。

で、クリーニングが終って、、と言ってもブロア吹き掛けただけなんですが、、無事組上げられたのは23時・・・
何せ細かい仕事ばかり続くものだから、すっかり疲れきってしまい、今夜は飲むぞ~とばかりに閉店間際のスーパーに飛び込み慌てて買出し。
戦利品はコレ。
N0725.jpg
さぁて、飲むべかとなって一口、、激不味!、、流石閉店間際の激安セール、これで370円(爆笑、、文句言うなって声がアチコチから、、)なので文句は言えないなぁ~、、いや、不完全燃焼は嫌いじゃ!!
朝まで飲むどぉ~!! このページのトップへ
私の事、、ワルはオツムですorz

時効になってしもた~!(号泣)
060821.jpg
30,000,000円の当り券が~!
我が愚かさが憎い、ホントに憎い、言語を絶する程憎い、、

ちなみに、、メーターがまたぶっ壊れた~ぁ!

あ~ぁあ!と、ロバートプラントさんも吼えてます(←意味不明か) このページのトップへ
食える有り難さを思い返せ!

今日は7時前に起床。
起床といっても腰が楽だから畳に雑魚寝してたのだけど、朝飯も食わずにセッセとLPの整理。
今回はこれらとギターを持ち帰る目的も有った。
後に書くつもりだけど、どうしても聴きたい曲が有るのです。
積み込みも終って10時に出発。
近所で土産を買ってそのまま高速に。
これが良くなかった。
飲食店は大概11時から開店。
当然10時では開いていない。
土産と一緒にサンドウィッチでも買えば良かったのだけど、どうも触手が動かぬ、、
「まぁ、途中で食べればいいっか~」と、極めてオプティミスト的(←いつもそうらしい、と言われる?)発想で高速に乗っちゃった!!
東北道に乗った直後に気付いたのだけど、、あれぇ、常磐道経由で帰る筈じゃ、、、絶句、、まぁ、ええか、、以上、独り言(苦笑)
早々にお車様の腹を満たしてやったのは11時前、、俺はまだ良しとしてまた走り出す。

栃木に入っての最初のSAに立ち寄る。
あららららぁ~、13時だというのにレストランは長蛇の列、、軽食スタンドのテーブルもびっちり、、敢え無く退散。
そして200Km位走った辺りのSA、、あんりゃマァ~、撤退。
で、三つ目のSAもドチャ混み!、、時間は15時、、終に一食も喰えず、、はっははぁ~(号泣)

ところが、外売り弁当を見つけた、、
・・・外売り弁当といえば、かつて若き大昔の夏の日、浜松辺りで買った鰻弁当に当ってしまった辛い経験がある。
当然当り景品もない・・・
鰻ではなかったが、何と釜飯!!
前出だが、私はカマに弱い。
弱いというより、苦手、嫌悪感、未経験、、鍋釜の皆さんには失礼なのだが、私は至ってストレート。
カニカマ、カマス、カマボコ、カマガエル、、おっと最後は違ったが、カマという文字が入ると自然と拒否反応を起こしてしまう、、PTSDだなあ(爆笑)
なのでカマメシなど決して食える訳が無いのだよ。
ピー子さんだったかおすぎさんだったか、違いすら判らぬが「私が作ると何でもカマ飯になるのよ」と仰ってたのを、つい思い出す。

という訳で、缶コーヒー3本で仙台-東京間400Kmを走る羽目となってしまった。
しかも、車が多くて7時間も掛ってしまった、、(大号泣)

しっかし、まぁ、アップダウンが激しいなと改めて思う。
どれだけ往復したのか判らないけど、常磐道の方が走り易いな。
途中、バカタレドライバーが何人か居たが、それは後日また書きます。

という事で、寝ます。 このページのトップへ
墓参り弾丸ツアーも無事終了。

物事を正しくを見ようとする時、それを非難している側に立って見ると、論理の破綻も垣間見えて真実を探りやすい。
例えばこれなんかね。
http://www.people.ne.jp/2006/08/11/jp20060811_62149.html
事実を伝える事は簡単な筈なのだが、グレーを黒や白と決め付けたがるから論理に破綻を来たすのですよ。
悪いのはA級戦犯という東京裁判での結論是非はこの際触れないとしても、ところがどうだ、B級C級を初耳と感ずるのは私だけでしょうか。
そうです、純ちゃんが参拝を断念時した時、新たなる因縁を用意してたのですよ。
どうやら中韓には右か左しかな無いらしい。
そんな民族に大和魂や武士道精神を説いても無駄であろうが、意地悪くも彼らの真意は何なのか、探ろうとする人間がここにもいるのですよ(笑)
それにしても、アサヒは紙面も論客員も論調が揃ってる事ったら(爆)
汚染されてない(爆笑)ダイジェストが有るので読んでみて下さい。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/yasukuni/
---------と、ここまで昨日書いた----------
今日の紙面は一体なんだ?
何で中韓の気持ちを代弁するかね???
http://www.asahi.com/international/update/0815/019.html
何処の国の新聞だぁ?
ふと思ったのだが、報道が靖国問題に一切触れなかったら外交も違った展開をしていただろうに。
国内外での論調をリードして来たのはマスコミなんですよ、多分昔もね。
後世に事実をそのまま伝え残したら良いのです。
我々の世代では欲得と恨みつらみが残って正しく判断出来ない事もあろうに。
昨日書いた通り、白だ黒と騒いでいること自体が真実を捻じ曲げているのですよ。


赤紙一枚でお国の為と散らした命、数多くの命があの場所には眠っているのです。
国が召集したのなら、その命を手厚く弔う義務さえあれ、彼らの戦争を否定する事など言語道断、命の重みを否定している。
時代に呑み込まれた彼らの命は、間違った戦争で無駄に消えてしまったと論じて良いのか。

タイトルには「こころ」と書いた。
心ではない。
日本人特有の気質を平仮名で表したかった。

墓前を訪れ、花を手向け、線香に火を点し手を合わせる。
故人を偲ぶ事、今ある日本の姿に感謝を唱える、報告をする。
それが墓参りというものである。
靖国で会おうと言って、自ら絶っていった命の上に、今我々は生存しているのです。
靖国は日本の自戒と慈しみの象徴であって、決して戦争の肯定では無いのだよと言っても、恨む事が得意な民族には判らないのだろうな。 このページのトップへ
東北道112キロ渋滞だって!
下手したらこの中に突撃してたのね(^_^;)

私はどうしたかって?
本当は夜中に出て、朝に着くような予定を立ててたのだけど、何時ものように大酒をカッ食らってしまい、夜中どころか早起きも出来ず、、むしろ何時もより遅い8時半に起床、いったいヤル気が有るのかとツッコまれそうである(爆笑!)
寝惚け眼で渋滞情報をチェックすると、、ぬぬぬぁんと、朝の8時だというのに東北道はまっかっか!
あ"~!ど~すっぺ?!
今更旅館のキャンセルなど出来る訳ないし、そんな事したらヨナヨナ枕元に立たれる。
で、どうしたか、、急きょ常磐道経由に変更!しました。
途中、10キロ位の渋滞が2度ほど有ったけど、ほぼ順調に北上出来ました。
まぁ終点の福島県の何とかというICで降りてからは、ばっカーナビがあっちだこっちだと、散々に振り回してくれはしたが、多分東北道経由より早かったんじゃないかな?
それと、気のせいかも知れないけど走行距離が東北道経由より短い気がする。
しっかし、まぁ、帰省された皆さん、お疲れさまでごぜいました。
それでも、数年前に比べたら格段にマナーは良くなったなぁ。
路肩走る奴、居なくなったし、激しくパッシングする奴も(あ、俺か)居ないし。

それにしても、な~ぜ一部だけ混むのかな~?
主要道だから仕方ないのだろうけど、何とかなりませんか、政治家の皆さん。
駐禁強化したように、渋滞禁止法とか渋滞キャッシュバック法とか、ブレーキ禁止法とか盆暮れ統一法とか、、何か有りませんかぁ?
休みならばまだしも、営業で走ってる人達は大変だろうな~。
それにしても、速度も上がって無いのに車線変えて追い越し車線塞ぐのと、平気で並走するのは止めて下さい。
とっても危険なんですよ。
それと、割り込ませて貰ったらハザード位は点けましょう、、決してブレーキなんて踏むんじゃないよ!

やれやれ、明日もまた長距離でごぜいやす!
お疲れ、我が愛車よ。 このページのトップへ
ヒースロー空港でテロ事件阻止、合せて21人が逮捕されたの報道。
米行きの航空機を空中爆破しようとの作戦だったらしい。

遠く離れた国での出来事と達観してはいけない。
逆にヨーロッパ人からしたら、極東でのテポドン2騒ぎなども、遠く離れた国での出来事なのだよ。

混乱を招くから躊躇したのだけど、もう書いてしまえ!
先週朝鮮日報で見つけた記事、まずはこれを見ておくれ。(怖いからリンクはしないけど)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/
04/20060804000011.html
胃乱といえばミサイル技術に長けた国なのです。
極東に暮す我々は知る由も有りませんが、実はその技術指導を宙極を介して北蝶船が受けていたという、スッパ抜きを先週缶国がやってたのです。
では、そのルートを示そう。
国境を接する中北。
広大な国土を有する宙極なので、中東近くにまでその国土は広がっている。
で、国境を接する国は何処か、、パキ巣端である。
正確には菓子ミール地方のパキ巣端領(印怒領も有る、、ちなみに印怒も書く保有国)を通じてパキへ、そして宙極へ、北蝶船へ、という事らしいのです。
パキ巣端と言えば、かつて「有るかいな」が潜伏しているとマークされた地域、WTセンターくの一事件の時にクローズアップされた事を思い出されたろうか。
で、パキは何処と接するか、、言うまでも有りませんね。
GoogleEarthで拾って見て下さい。

暴走族如き当て字ばかりで読み難かったと思うが、検索エンジンから攻撃されそうなテーマなので許せ。
最早ヨーロッパも極東も繋がっているという情勢を、オイルダラーを追い掛ける構造を、読みに来て下さった方々には伝えたい。
ちなみに、こんなんも有ります。
http://japanese.joins.com/ 中央日報
http://www.people.ne.jp/ 人民網
http://www.epochtimes.jp/ 大紀天
http://today.reuters.co.jp/news/HomeJP.aspx? ロイター
日本のマスコミだけでは情報を拾えないと思われる方は、是非どうぞ。 このページのトップへ
バッテリ~が、逝ってるゼ~~♪(大爆笑)

ブロガー根性とも言うのだろうか。
普通なら、ついてない、、orz、と、酷く落ち込む所だがネタになる!と喜び、実際書いてしまうこの卑しさ!(爆)

今日の午後のこと。
オイル交換に行くべと、2週間ぶりに車を出そうとした時であった。
何せ腰をやったもんだから、ず~と車には乗れなかったのだけど、日本海への撮影旅行も迫っていたので、お車様のご機嫌を取るべく、オイルを交換しておく事にしたのだが、、
セルを回せど、、いや、ウンともスンとも言わない、、無反応である。
思えば娘が生まれた直後に交換して以来だから、少なくても5年は経過している。
あぁ~、終にご臨終か~と意気消沈。
、、だが、何かおかしい。
3日前はキュンキュンとセルが回っていたのに、今日はランプ類すら点灯しない、、
バッテリーというもの、普通は徐々に死んで行くものなので、昨日の今日でサドンデスというのは考えられない。
ならばメインリレーが壊れたか、、と、一抹の不安を抱きつつ、電圧を測ってみると何と1V~!?
あはははぁ~、25年も車に乗ってるけどこんなの初めてだぁ~(涙)
どうしよう、、バッテリー買って来るしかない、、しかし、一番近いカーショップまでは1Km余り、、腰の痛みも有って最近はそんな距離は歩いていない、、全行程1,200Kmの旅に出る予定だったのに、、旅館キャンセル、、重たい機材背負って新幹線、、もう間に合わねぇな、、治療院行かなきゃ、、ジリジリと照り付ける炎天下、どうしようか、、と、かなり煩悶。
が、「タクシー来たら乗ったら良いわい!」と、高を括り歩き出す事30分。
歩き切ってしまった、、大汗かきながら。

早々バッテリーを選び、タクシーでお持ち帰り、、の筈だったが、10分経過すれど、、20分経過すれど通り掛らない、、
絶望感に浸っている27分頃、反対車線に空車キタ~~!
エッチラオッチラ、重たいバッテリーを抱えて反対車線に、、ゴルァ~、車回せヤ!、なんて言えるわけが無い。
運ちゃんが怒って行ってしまったら、30分に一本の幸運を逃してしまうのだから。
なので普段から気弱な私は「運転手さん、反対方向だけど良い?」と、優しく尋ね、「近くで悪いんだけど」との言葉を添える。
運ちゃん:「あ、バッテリーですね」
わたし:「あ、ハイ、倒れないように押えてますから、乗せて~」(←日頃は有り得ないすっげぇ低姿勢)
道すがら話すと、何でも運ちゃんもつい最近バッテリーが上がって大枚を叩き、交換の際に腰を痛めてしまったとか、、
実際、整骨院にも通っているそうだから、作り話には思えないのだけど、、だとしたら何たる偶然、ブロガー魂を擽られるよね(笑)

駐車場まで送って貰い、ウンチラオッチラと無事バッテリーを交換し終わると、、あれれ、ブレーキランプが点きっ放しだわさ!
え?ん?あれ?どして?と、暫し悩みながらフロアを覗き込んだら、、あらま。
ブレーキランプのスイッチをOFFにする為の、樹脂のプレートが吹っ飛んでる!!
試しに10円玉を挟んでみたらば、無事消灯。
ん~、熱でプラスチック部品がやられたのね~、、それで、ブレーキランプが点きっ放しになり、ビンビンだったバッテリーが逝っちゃったのね~と、ようやく判った。
と、同時に「ブレーキランプが点きっ放しじゃ、走れないじゃん」と気付く!Σ( ̄ロ ̄lll)。
一難去ってまた一難、、う~んむと知恵を絞り切った辺りで、クラッチペダルにもオートクルーズリリース用に同じ部品が使われていた事を思い出す。
となると、オートクルーズは諦めるしか無いのだが、背に腹は替えられない。
ドライバーでコジコジと外してブレーキペダルに付けたらば、、予想通り消灯、めでたしめでたし。

だけど、1,200Kmも走るのだからオートクルーズが使えないと大変キビシ~!
早々ディーラーに行ったらば、、今日から盆休みの張り紙が、、Σ( ̄ロ ̄lll)オイ。
あ~らら、こ~らら、せんせ~に言ってやろ~と、脈絡不明の言葉が大脳小脳前頭葉を駆け巡りながら、半ばヤケクソで隣の系列店に部品を取ってくれと頼み込むと、、あっさりOKでした。
しかも明日の午前に入るとの事、、しかもお値段はたった120円、、
って事は、缶ジュース一本分の部品が壊れた為にバッテリーを交換する羽目になったんかい!(号泣)
何か納得出来ないけど、もし旅先で同じ事が起きたら大パニックだったろうし、ついてないんだか、ついてるんだか、悪運が強いんだか、免疫力が強いんだか、くじ運は無いんだけど(関係なかった)、何だかかんだか、、翻弄された一日だった。

で、犯人はコイツ!
N0715.jpg本来こんな形だったはずが、、
N0714.jpgこんな風に壊れてしもた

ちょびっと疲れたw

ちなみに写ログの方、ちょびっとアップしました。
宜しかったら観てください。
http://d70.blog6.fc2.com このページのトップへ
今日は何かアクセスが多いなと思ったら、、ワハハ、悪いオジサンの所にリンクが有るではないか!
流石悪徳!やられた!
先日は「めぞん一刻」のお馬鹿な記事を書いたばかりで、それがトップになっている。
せっかく人間心理を共同執筆するならと、ご紹介戴いたのに、これではただのアホだと思われてしまうではないか、、半分当っているが(爆)、なのでこうしてセッセセッセと穴埋め記事を書いているのです(焦)
文句を言おうにも今日から海外逃亡中だし、、一本取られた!。

最近、どうも眠りが浅いようだ。
暑くて寝苦しい訳ではないが、腰のサラシや足も痺れの影響で眠りが浅く、よく夢を見る。
で、登場人物は、、
今朝はウチのオーナーと思しき人物と氏のマンションにて、過去に娘は4~5回登場、他にはこの子ノルンちゃんに至るまで夢に現れた。
なんだろ~なと思い、フロイトの夢判断など探すのだけど、自分の娘なら判るが他所様のネコまで登場する例など有り得ようがない(大爆笑)
そもそもフロイトの時代は性衝動を基底に考えられていたので、現代では殆ど通用しない。
あっ!?もしかして私は、愛する人たち、お世話になった人たちに「お別れを言いに周っている」のかも知れないなぁ(爆)

生きてるだけで丸儲け
かつてNHKで放映された「わかば」の中での決め台詞である
舞台は阪神大震災後の神戸と宮崎だったかな。
多くの方々が亡くなった中で、生き延びた方々の心の再構築がテーマであったと(勝手に)思う。
望んで死んで行く人は誰一人として居ないのだ
私はデータの中で、沢山の人達の死に対面してきた。
中には若くしてという方も居り、紙面だけであるのに、その数を数えると気持ちは重たくなる。

あと数日で、また終戦記念日を迎える。
今、渦中の靖国には触れる事はしないが、昔から疑問だった事がある。
何故8月15日だったのか
勿論、歴史的な背景は知っているつもりである。
2つの原爆投下以前に、戦局は悪化していた事も。
それでも何故15日だったのか、、
そこには日本人特有の心の動きもあったのではないかな?と、勝手に想像するのです。
死者への慈しみと哀れみ、残された者の悲しみ。
それらが一番融合し易い時期がお盆だったのかもね。

江原 啓之さんは寿命は「予め決まっているもの、天界は現世よりずっと楽なもの」と仰る。
それならば、残された者の気持ちも、幾許かは和らぐかも知れません。
「霊は成仏できれば、天界に帰る。お墓に宿ることはない。」とも仰る。
多分と言っては失礼だが、これらは全て真実であろう、、私もそう思うし。
「むしろ必要なのは残された人間にとって」なのだと、他の誰かが言っていた。
人の死というのは、どうしたって受け入れ難いものである。
だが、人というもの、現実を受け入れなければ生きては行けない。
さもなくば狂ってしまうものです。
それを受け入れるためのイニシエーションや、心の拠り所となるお墓が必要になるのです。

人間は現実を受け入れる事でしか生きて行けない。
超えられそうもない現実に出くわすと「別の意味付け」をして「何とか頭で割り切ろうと」するのです。
我々はこうして、現実と折り合いを付けているのですが、時としてそれが良からぬ方向に向く事が有ります。
自分の悲しみを補うために、憎しみの心を向けたりします。

恐怖を消すためヒロポン(覚醒剤)漬けになって、片道の燃料だけ積んで母艦に突っ込んで行った特攻隊員たち。
南の島で星と散った兵士たち。
竹槍で闘おうとした女子供たち。
ひめゆりから身を投じた人たち。
そして、それを指揮した人たち。
全ては戦争で奪われた命。
全ては生きたいと思って死んでいった命

年に一度くらい、人の命という目線で歴史を顧みて欲しい。
メディアに煽られ、短絡的に靖国へ結び付ける事はせずに、言霊を想ってやって欲しいと。 このページのトップへ
「伊東美咲の彼氏を一般人から募集!」との、何とも聞き捨てならん記事が!!
http://www.asahi.com/culture/nikkan/NIK200608070011.html

はい、ダメですね、、
でも、あのニョロニョロオジサン、四谷さん役なら何とか、、
はぁ~、コッチは公募してないんだ、、ざんね~ん!
一の瀬さんはオバハンだし、二階堂君は受験生、、だし。
あっ!惣一郎さんでいい!!、大っぴらに抱き付けるし~!(爆)
「フレッシュで、響子さんに出会って成長していく」のは無理だから、父親役とかダメですか~~?

ダメですね、、(涙) このページのトップへ
悪いオジサンが今朝裁判三題+1でお書きになっていたので、私も少し書いてみたくなった。

さてさて、またかいなの元吉本マネージャのトホホ訴訟。
無茶苦茶でんがな!
そもそもPTSDというのなら、その起因となる場所へは近付きたくないものなんだけど、違うかな?
精神科医は自分の問題を正視して強くなりなさいなんて言うわけないじゃない。
そもそも、PTSD症状を訴えているなら、キチンと通院してなくてはいけない筈。
ただただ聞いてくれる人に吐き出さないままでいると、後々酷い症状となってしまうのですよ。
つう事は、医師の指導も有ったはずなのに元職場への復帰を望んでるってのは、矛盾するんですね。

もう一つ、トヨタ事件。
開廷することもなく和解だそうで、、
つまり事実認否すら無しという事で和解金を支払うという事だ。
金銭より企業イメージを守りたかったという結果なのだが、巨額な請求に対してどれ程の和解金が支払われる事になったのか。
かつて「自称お邪魔モン」が手抜きマンションの件で、検査を怠ったとして国を訴えた際「一体幾らの印紙税を払ったのですかね」と、話題になったものだった。
で、この件ではいか程か、ちょっと調べてみた。
アメリカの事情は調べきれなかったので、日本の場合でだが、217億の訴状を裁判所に提出する場合、何と2千7百74万もの印紙税が掛る。
さらに弁護士の着手金も必要な筈で、それは何と4億3千7百69万!である。
これらは、通常提訴の前に支払うのが原則。
原告は4億6千もの金を持ってたのだろうか?
それだけ持ってれば、何も争いを起こす気にはならないと思うのだけど、もしかして銀行融資だったりして(笑)
となると、これら以上に回収出来るという、見込みがあっての事ですな(爆)
つまり、和解は最初からシナリオに沿った結果だったというわけなのだろう。
さて和解金は幾らなのだろう?
4億6千万も投じたのだから、少なくても倍にならなくては納得は行かないであろう。
仮に10億とした場合、弁護士の成功報酬は4千7百万程。
報酬を差し引けば、大体倍くらいの金額だな。
原告と弁護士はそれぞれ5億儲けるというシナリオだ。
もし217億勝ち取っていたらば、8億7千5百万になったのだけど、勿論ハナから取れるとは思ってってない。
つまりは、出来レースだったって事だ。
上の吉本元マネ事件も同じだろう。
請求額すら低いけど、印紙税は15万5千円、着手金は200万、成功報酬は400万円である。
下品な話としては共通性がある。

さて、三つ目は私の話。
これまで「娘が消えた日」でも何度も書いて来た、元妻相手の諍いの件だが、今は弁護士をクビにしたばかりでもあって、訴訟は何も抱えていない。
娘にはもう3年以上会っていないし、写真すら約束通りに送っては来て無い。
私としたら、不憫な思いをしないよう、ただただ養育費を振り込むばかりなのだ。
調停条件の完全な履行違反であるから、こちらが訴えを起こせば過去の判例からも確実に勝てる事であろう。
が、しかし、目的は勝つ事でも賠償金を得る事でもないのだ。
「娘に会う事」以外の何物でもない。
しかも娘を傷つけずに、事実をキチンと話してやらなければならない。
そうしなければ、娘は永遠に心に呵責を抱えたまま生きて行かなければならなくなる。
これまでの経緯について賠償を求めるというのであれば、とても簡単な訴訟となるのだが、目的はそれではなく、娘に会って話す事なのだ。
しかし相手方にしてみれば、それをされると今までの嘘が全てバレてしまう。
その結果、娘の心が向こうから離れてしまう事を恐れているのです。
そうさせない為に、また新たな嘘で塗り固めていく。
それの繰り返しである。
放っておいても、後々娘にはバレてしまう事だろうが、フォローする人間が必ず必要となる。

さて、この3者、共通するものは何か。
裁判を起こそうというのだから、前提としては被害者でなければならない。
そして弱いふりをするための嘘。
吉本元マネ事件もトヨタ事件も断片しか報道されない。
時の流れ、経過というものを時系列で語ってはいない。
217億もの事件であれば、世間様にも説明責任というものもあろう。
そうでなければ、この原告は永遠に社会から爪弾きに遭う事だろう。
まぁ、今後は噂も届かない南の島ででも暮らそうという目論見はミエミエなんですが、これじゃ映画「俺たちに明日は無い」と同じやんか(嘲笑)
吉本元マネは、生活費が無くなったんかね?
それと訴訟とは別なんだけど、これじゃヤの字と変らん、、いや、今のヤの字はもっと紳士的か(爆笑)

私には法律の乱用でしかないように思えるのです。
原告だけでは作戦も立てられないだろうから、弁ちゃんがあれこれコーディネイトしているのは違いない。
「こうでね~と」ダメとか・・・失礼しました。
弁ちゃんも最終的には人柄って事ね、、世も末じゃ。 このページのトップへ
皆様、クソ暑い中如何お過ごしでしょうか?
私は未だにサラシを巻かれたまま、2週間お風呂も入れず(←きちゃない)、異臭を放っております、、、
ってのは嘘で、毎朝内緒でサラシを外してシャワー浴びてます。
風呂は体温を上げるとマズイからという事で止められてたんですが、昨夜は我慢出来なくなり入りました、、気持ちよかった~。
で、今日も治療院に行こうとしたらば、替えのパンツが無い!!
全て洗濯機の中ですばい!
その中から比較的綺麗な物を拾い上げて、、なんて荒業は、できん。
仕方なく通院は諦め洗濯する事に、、
ついでに勉強する事にして、朝からホルモンの勉強。
あっ、ミノとかてっちゃん、ハチノス系じゃないですよ(笑)

走り出したら倒れるまで止まらん性格のせいか、飯も喰わずに迎えた午後2時。
さすがに腹が減って何か作ろうと思い、スーパーへ。
クソ暑いせいもあって、今日は何かスパイシーなメニューをと思いつつ、デリデリキッチンの紹介レシピを思い出す。
確かタイ風カレーね、、頭の裏側で聞いてた筈なのに、結構憶えてました。
超適当に夏野菜を買い込み、、もとい、半額モノの中心にゴーヤとブロッコリーと人参、珍しく正価で買った茄子、烏賊はエンペラとゲソだけのお買い得モノ(ヤリ烏賊5杯分で100円w)、ホタテはボイル物を選び(生冷凍の半分くらいの値段)、肝心のココナツミルクも含め、締めて千円ちょっと。
元主夫の実力、どうじゃい!(爆)
あとはグラム89円で買った豚コマのストックとタマネギ、ニンニク、生姜、豆板醤、カレー粉でOK。
赤ワインとバタールは一昨日買ってたし、、浸して食べると美味いのよね~と想像しつつ帰宅。

で、出来上がりがコレ。
ん~、、改めて見ると餌っぽい!(爆)
N0708.jpg
味は、、不味くはないけど、コム・ベトナムのスープカリーの味には到底敵わん。
ちなみにこのスープカリー、夏限定ですので試したい方はお早めに。

しっかし、作り過ぎてしまったなぁ~。
暫くはコレが続くのか~。
お代わりしたけどマダマダ余ってます。
多分、5Kg位作ってしまった。
欲しい人、、居ません、、ですね。 このページのトップへ
頑固親父は何処行ったんかい!、、出て来い!と言ったら、石原都知事が出てきたりして(爆)

毎日拝読しているライターの東良さんのブログに、私的にはど真ん中ストレートの記事があった。
先ずは東良さんの記事を読んで頂きたい。
http://jogjob.exblog.jp/
「何故かというと~」から始まる当りがポイントです。
東良さんは、何だかキモチワルイと書かれてますが、私的には同じように考える方がいらっしゃる事に大感激なのです。

短めに書きます。
この類の事はタブー視されてますし、中々理解は進まぬものですから。

「ダメなものはダメ」という教え方は、もはや通用しないらしい。
「何故、人を殺してはいけないんですか」という、高校生の質問に某教育委員はたじろいたという話を読んだ。
勿論ダメであるし、それには理由など必要ない。
だが、何故そんな質問が揚るのか?という所が、今日のテーマなのです。

昔々、私が高校生だった頃、初老に差し掛かった教師が言っていた。
「言っても判らん奴は、、」とね。
合気道の師範でもあったその人、仙台ではヤの字とすれ違う度に頭を下げられたそうな。
今書くのは武勇伝という事ではない。
こういう信念を持った教育者、いや、大人が今はどれほどに生息しているのか?
自分が責任を被る事を恐れ、我が子との対峙も疎かにしている、、親に都合が良いよう子育てしてるというのが、本当のところであろうと断言する。
ダメ出しする責任感も希薄なのだという事です。
もし、興味を持って戴けたなら「人はなぜ、気が狂うのか?by小田晋さん」の120頁辺りから読んでください。
大まかな答えはそこに有ります。

で、もう一つ。
母子関係と、父子関係について。
まぁ、概ね子育てというのは母親に比重が掛るものだけど、東良さんの今日の記事のタイトル「モノンクルのいないこの国で」は、実に的を得ていると思うのです。
ダメ出しが出来なくなった親、大人、父親不要論など、私が感じてた全て統括してます(爆笑)
父親不要論を語る精神科医の斉藤学さん。
麻布にクリニックを数箇所持ち、それなりの実績もある方なのだけど、著書やインタビューなどを読むにあたって、かなりの疑問を感じてしまうのです。
臨床から離れられたのは、岡田有希子さんの自殺事件(私にはそう捉えられた)からと書かれてました。
まあ、それはお立場や感受性の問題であり、ここでのテーマでは有りませんから省きます。

(今日は書くど~”!)
斉藤学さんが書かれているテーマは、父親による家庭崩壊例とその影響、結果です。
よって、父親を排除する事で平穏な生活を取り戻すというという手法がメインであると考えます。
即ち、父親不要論なのですが、これは間違いと断じます。
過去に元妻も氏のクリニックに通ってたと、私も書いてますから尚更なのですが、海外の精神科医との対談まで出版されてた事はどうも、、
そもそも、日本人と欧米人は心の仕組みが違うのです。
「甘えの構造」で、土居健郎さんがお書きになっている事、そのものなんです。
「すみません」と「Excuse」の、語感的、感覚的な違いなんです。
それらを取っ払って、合理的、経済的に事を押し進めようというのは、回避論にしか感じられません。

一方、母子の共依存関係をやめろと書かれた、町沢静夫さん、、もちろん精神科医。
『「子供がいちばん」は、やめなさい』という著作の中で、思春期を過ぎてまでの、母子だけの蜜月状態の危険性を書かれてます。
テーマは子供至上主義の危険性で、大人が介在する事が薄くなる、、つまり上で書いた責任を持っての絶対的ダメ出しが出来なくなると、子供の天下に従うだけの親に成り下がってしまう、、結果、犯罪にも繋がりかねない、、という事です。

本来なら、背中をポンと押してやるのが父親、その掌には「いつでも帰っておいで」という思いを込めて、母親の情を遮り、独り立ちのきっかけを作ってやるのが父親の役目。

そうでなくては、いつまでも子供のままなのですから。
そうでないと、シンデレラ(すまぬ、、白雪姫だった)症候群(名称不確定)なんて事になって、母子心中、子殺しなんて事に繋がりかねない、、オーバーですけど
ニート問題もこの辺が根底かと思うんですな。

斉藤さんと町沢さんのどっちがどっちというテーマではないですが、今、全ての父親の在り方が問われている時代と気が付いて欲しいのです。

親父よ!、立ち上がれ”~!
もまいらの役目はマダマダ終っちゃないゼ~!

東良さん、もしお読み戴いていたら、勝手に引用した事お詫びします。
コメント入れられないものですから、、m(__)m このページのトップへ
お待たせしました、先々月にご注文戴いたラーメンの出前です(爆)
時が経ち過ぎて、伸びてるどころか、腐ってるというツッコミごもっとも、、笑ってごまかせ。

ある方がなめこラーメンに「なめたけ」を入れたらば、腹壊しますよとのコメントを下さったので、私もマーシャル教授に倣ってノーベル賞を戴くが如く挑戦しました(笑)
下記がその写真、、、の、筈だった、、


ない・・・

何処ぞ旅に行ってしもた、、夏休シーズンだし orz
この写真の為に挑戦したようなものなのに、、 ((orz
深くショック!


仕方ない、立ち直って文章で書くと、前回のなめこラーメンは醤油味。
スープは鯖と鰹の厚節と鶏ガラを半々で合せ、そこに市販のラーメンダレをブッコミ、1分位なめこに火を通す。
そもそもこれが間違いだったと反省し、今回は味噌味にする事に。

スープを取る事など10年早いと知って、今回は市販スープでそのまま、なめこに火を通す。
麺を茹で上げ、スープをざばぁ~っとぶっ掛け、白髪ネギを盛る。
その上に「なめたけ」を乗せ、スープにも「なめたけ」を落として出来上がり。

だけど~
「なめたけ」の瓶詰め、半分くらい使ったのだけど、調子に乗って切り過ぎた白髪ネギの辛味に負けて、単なるネギソバ!
「なめたけ」どころか、なめこの味も感じられ~ん(泣)
しかも、やたら腹が膨れてしまう、、もしかして警告はこの事だったのかしらん?!
どうやら、続編を書く事になってしまったようです(苦笑)

こうやって、お馬鹿な事を好き勝手に書ける事がとても嬉しい。
腰も調子が戻って来たし!
ようやく決算書類も出来上がったし。
後は、よしなに、、もう、私の仕事は終ったもんね~、、

追伸:亀田興毅!!、よう頑張った!、、観てたよ~(^^)V

追伸2:途中から観たのでよく判らなかったのだけど、へぇ?そうだったの??
     ダメじゃん!
     訂正線入れとこ。 このページのトップへ
変態エロジジイのカルト教団がニュースになったかと思えば、今度は大手住宅メーカーが客を訴えたと言うニュースが入って来た。
http://excite.co.jp/News/society/20060731122639/Kyodo_20060731a433010s20060731122639.html
第一報は悪いオジサンからの電話だったのだけど、何でも差別発言を受けてとの事。
しかも会社も支援して客を訴えるという。
何じゃそりゃ?!と、思いつつネットを手繰って行くと、あ~らら、こ~ららが出てくる出てくるw
要は工事代金が法外で、依頼主が文句を付けて、話にならなくて「上に電話する」と名刺を出させての事らしい。
そもそも目玉が飛び出る程の金額なら見積り書も有った筈。
裁判となり情報はストップなので仔細は判らないけど、依頼主はな~んで断らなかったのか?!
それにリフォーム詐欺モドキと思わそうな請求をした住宅メーカーの思惑は、、
何か報じられてない部分で、双方の思惑が入り組んだ事件のように思われるのですよ。
人権問題などは後付けで、ホントはカネのトラブルなんじゃないかな。
何でもかんでも裁判に持ち込めば良いってモンじゃないのだけど、折衝力が無くなって来たという、笑っては居られぬコミュニケーション能力の低下、人類の退化進行の証なのだろうかしらん?と、思うのです。
基本的に人間は、面倒な事は他人にやらせるからね。

何ともジクジクした話題の後で、爽やかなブログのご紹介です。
http://asuka-nikki.cocolog-nifty.com/asukanokokoro/
フジTVこたちょの再現ドラマで活躍中の、女優さん「片岡明日香」さんのブログです。
密かにファンだったのだ。
あっ、ココログだぁ~!(爆)

美咲さん、ゴメン(←勝手にやってろって声が) このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

07月 « 2006年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。