FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

何か最近はドラマみたいな報道ばかり見ている気がするなぁ~(爆笑)

重たい文章を書いた直後なので、インターバルネタには良いかも知れない。
めぐみさんは自殺したと豪語するコイツ。
「夫の私が言ってる事を疑うとは、何だかかんだか、無礼千万」とは、よく言ったもんだ。
めぐみさんは亡くなった事にして、今、実は高官の奥さんに(若しくは愛人)になっているので、公の場に出られないという話を、この私でさえ伝え聞いているのですけど、ホント面の皮が厚いな、、と言うか幼稚な頭でおちょくるな!!、、と、優しく諭してあげたい。
まあ、これで済めば「てっぽド~ン」はいらねぇって事なんだけど、何考えてんだかゃ?!

私も他人事ではない。
娘が死んだと言われ、面接交渉を拒まれたらどうするか、、
横田さんご夫妻には申し訳ないのだけど、私事をオーバーラップしてしまうのです。
嘘に振り回されて、面会もままならぬという面で、3年前から同化してしまっているのですよ。
私的には同じ気持ちなんだな。
勿論そんな事になったら、横田さんご夫婦みたいに紳士的には振舞えませぬ、、、大暴れします。
そして徹底的に追い詰めますよ、、大人の喧嘩としてね。

純ちゃん、やり逃げじゃなく、キチンと幕引いてから退場しろよ!

明日はPart2を書きます。
スポンサーサイト



このページのトップへ
今日という日のあと数時間を自力でやり過ごすのは無理のようだ
今日とあの日とは明らかに違うのだが。
だからこそ、今こうして口火を切り書き始める事が大事なのかも知れない。

またこの日を迎えた。
3年経った今でも、昨日の事にように鮮明に思い出される。
あの日も暑かった。
3年前のこの日、娘との暮らしが終った。
翌日は娘と公園へ行くという約束をしていた。
胸が熱くなる。

人は辛い事を忘れることで身を守るものだけど、この日の事は例えアルツになっても一生忘れることは無いだろう。
心に刻み付けられた傷というものは容易く消えるものではない。
娘と会えなくなって1,000日余り。
3年と言ってしまえば平滑だが、私は写真の中の娘に1,000回「おはよう」と「おやすみ」を言って毎日を過ごして来たのです。
この先、いつになったら会えるのか何ら確約も無い。
その前に私がくたばってしまう事だってある。
なので、またここに記しておく。
波間にボトルを投じるような真似でも、時に試してみたいものなのです。
いつか読んでくれる事を祈って。

熱を持った言葉の塊になってしまうのかも知れない。
この文章を書こうとして、随分とメモや下書を残したのだが、概ね強い言葉ばかりが並んでいる。
娘へのメッセージとしては些か不適切な感もあるが、やはり書き留めておこう。
今の私にはこれしか出来る事が無いのだから。

「今日のご飯は何にする?」
娘が居なくなる朝、私に残した最後の言葉だ。
そして元気に行って来ま~すと言ったきり、二度と帰っては来なかった。
当時の暮らしを振り返ってみる。
去年辺りは辛くてこの作業が出来なかった。
ただただ涙が溢れて来たものだ。
それを考えると私も随分と強くなったものだ。
酒の量こそ減らないが(笑)

当時の暮らしを、崩壊する一年位前から思い起してみる。
家計には毎月35万から40万入れていた。
幅があるのはその月々で元妻の携帯料金が違ったり、遊戯収入(パチンコw)が有ったからなのだが、最低金額を割った事はなかった。
泡銭が出来れば、必ずお袋と私に還元してくれた親父の肝っ玉を、知らず知らずのうちに真似していたのです。
取引先や同業がバタバタと倒れて行く時代、まして取次ぎ会社の支払遅延は日常茶飯事で、決して楽ではなかったが、それでも生活費だけは最優先に置いて来たのです。

そんな中元嫁はそのカネで調停を起そうと思っていたと、ポツリと言った。
一体何を考えているのか。

娘が歩き出す前から多くの諍いは有った。
その度に家計費と契約書類、健康保険証を持って家を飛び出し、友人宅を泊まり歩く、実家に篭るという事を繰返していたのだ。
時に娘を置いてである。
まだ歩けぬ娘をベビーカーに乗せて、冬の公園で立ち尽くした夕刻、「明日はどうしよう」と途方に暮れた事も忘れていない。
その度にこちらから元妻に働きかけて、何とか戻れるように水を向けてやった。
その時間だけでも、1年のうちの1/4にあたるだろう。

家事も料理も常識的な範囲でさえ、全く出来ないような人間だと後から知ったのです。
娘が未だベビーベッドに居る頃は、デカいダイニングテーブルを占領しインターネット三昧の毎日。
周りには印刷物や書籍、諸々のモノが積み上げられていて、隙間には1cm程の綿埃が溜まっていた。
インターネットといっても、決して仕事をしている訳ではない。
「家庭の愚痴回収します」とかいう掲示板に嵌っていただけの話である。
フレッツ導入前だった事も有って、月の電話料金とプロバイダ料金はも3万にも5万にもなったものなのだ。
他人の金だから使い放題だったんですな、、
その上元妻の携帯料金も払っていたのだけど、よく2万の小遣いで遣り繰ったものだ(涙)
娘が泣けば仕事部屋から飛んで行き、2回に1回は私がオムツ代えやミルクを用意していた。
ゲップの吐かせ方なんて、上手いもんですよ(笑)

娘が這い回るようになるまでは、、いや、チョッとした手術を受けさせた辺りまでは、それでも何とかバランスを保っていたのです。
娘の成長に伴って家事も育児も忙しくなるものだけど、結局元妻はそのテンポに全くついて行けなかった。
そして、その苛々の原因を全て私のせいにしたのですよ。
手伝ってくれるのも迷惑極まりない等と言い出す始末、、(本当は殆ど私がやってたのだから、それは違うやろ!)
娘が生まれて以来、私は不可能な母乳の授乳以外は全てやって来た。
産後は水に触ってはいけないだのと、勝手な理屈を付けて家事を一切しなかった事に端を発するのだけど、だったらお湯を使えとか椅子に座ってやれとか、色々と手はあるものなのだが、それをいい事に何もしないのだよ。
いや、思い起せばお腹が大きくなる前から何もしてないな。
飯も洗濯も掃除も私だったモンな~。
いよいよ生まれるとの自己申告を受け、夜中に産科へ連れて行ったらば担当医に「もっと掃除をするとか、体を動かすように」と言われ帰された。
アンタ見てたの?という位恥かしかった(爆)
私としては睡眠不足と疲労でフラフラだったから、さっさと病院に引き取って貰いたかったのだけど(笑)
そんな風にして、娘よ、君は生まれたのだ。
フラフラだったからかも知れないが、君が初めて私の腕に中にスッポリ収まった時、君と交わした最初の言葉を記憶している。
「ぅん~」とか「あぁ~」とかであるが、今でもよく憶えているよ。

話を戻す。
娘が這いまわるようになれば、何でも口にしたがる。
初めて得た自由、見るもの全てに興味を示し何でも口に運ぶ。
ところが、そのワンダホーランドがゴミだらけであったらどうである?片付いていなかったらどうである?
そもそも片付けられない、ゴミを棄てられない人間が訓練も無しに生まれ変われる訳が無い。
発端はそこに有るのだ。
そもそも実家の自室にはゴミ箱を置いたことがないと言うのだ。
掃除は母親任せで、自分で掃除をした事は生涯で2~3回。
どうやら、見るに見かねて母親が掃除をしていたようだが、そういうだらしの無い点を注意する度、親も親類も口を揃えて「私が神経質」だと馬鹿な結論を持ち出す始末である。
神経質とか言う前に最低限、衛生的にしろ!何が問題かテーマをぶらすなと言ってきたが通じなかった。

元妻にしてみれば、私に怒られる毎日。
私にしてみれば、同じ内容で怒る毎日。
つまりは同じ事を何十回も繰り返し言ってもやらないのだよ。
ゴミは分別して棄てろとか収集日に出せとか、それらは正に単純な事なのだけど傲慢なせいなのか何なのか、いつまで経ってもやらず終いで、結局私がケツを拭く事になるのです。
で、そのうち「あんなに怒るのは何処かおかしい」という、転嫁論を振り翳すようになる。
まして、私がマインドコントロールしているとまで言い始めたのだよ。
オイ!、私をあんな化け物と一緒にするんじゃないよっ!

その様な事を言い出したのは、元嫁の父親である。
余りにだらしが無いので、初めて相談に言った時「全部知ってて結婚したんだろ」と発しやがった。
オイ、ゴルァ、手を尽くして仕方ないから相談してんだろが!
そこまで言うなら娘に「重要事項説明書」でも貼り付けてから外に出せや(怒)
これではまるで結婚詐欺である(爆笑)
いや、コイツは詐欺まがいの事、いや、詐欺そのもので他人の土地を手に入れたとんでもない大馬鹿者なのだよ。
借地契約も結んでいない土地に勝手に家を建て、後に地主が破産した時、債権者となった銀行が乗り込んで来ると開き直ったのだ。
そして仕方なくその土地が競売になった途端、自分で落札したのだよ。
これは明らかに違法行為である。
近年になって規制は緩和されたが、昔は厳しかった筈で取り締まりの対象になっていた。
何せ競売に掛かれば実勢価格の半分ほどの値しか付かないのだから、それを債務者が落札すれば半分の金額を浮かせた事になる。
それでいて銀行のやり方は汚いと言いやがる。
自分達が何をやったのかを棚上げしてである。
被害者面していれば、自分等のやる事は真っ黒でも規範を引っ繰り返して正当化出来るというものなのだよ。
そう、都合の悪い事は全部人のせいで済ませる大馬鹿野郎ドモなのだよ!
そもそも建築確認申請が有るのだから、誰の土地であったか知らない等と言う嘘は通らない筈なのにだよ。

そう、元妻はホームに帰って、大馬鹿者のバックが付いたら途端に態度が変わったのですよ。
入知恵も有ったのは周知の事。
ある時電話が入り、元嫁が電話で誰かと話していたのだが「亭主の教育?」と、つい元嫁は復唱したのだよ。
聞いていながら、随分タチの悪い冗談だなと流したのだが、今思えばその相手は上記の父親で、本気でそう出来ると思っていたのだよ。
目的は勿論カネ。
私を従わせれば、幾らだって吸い上げられると思ったんだな、コヤツは。

だが、そもそも、それは娘達の役目だった筈だ。
元嫁がおかしくなり始めたと最初に感じた言葉、「私は結婚するつもりは無かった」と言うのだ。
えっ!?、お前からコクったんじゃんと返せるほど単純ではないように感じたので、その時は黙っていたのだが、色々と問題が勃発するに当って、娘イコールカネという図式がぼんやり見えて来たのです。
そう、元嫁の父親は2人の娘に幼き頃から自身の幸せ(結婚)より、働いて馬鹿親を養うよう語り続けて来たのですよ。
一方、母親も相当なものだった。
家族の中では自分が一番で、口癖は「そんなのダメよ!」である。
何でも自分が決めた通りでなければならないのだ。
まして娘達の成長などは一切認めない。
自分が君臨するために、娘達を潰して行ったのだよ。
後述する元嫁のダメぶりも、母親が「そんなのダメよ!」と、手を出し続けた事によって何も出来ない娘を作り上げた結果なのです。
更にこの母親、陰では父親の悪口を娘達に散々言い放つのだが、父親は全く知らないどころか「私は皆から尊敬されている」と断じている。
ここまでになると、200歳位まで長生きするんだろうけど、「世の中の迷惑です、やめて下さい」と、書いておく(爆)

面白い話がある。
私が実家に呼ばれた時の事。
元嫁の実家の車がドロドロに汚れていたので、暇を持て余していた私は洗車をする事にし、ボディーに傷を付けてはいけないと当時妊娠中だった元嫁に私のマリッジリングを預けたのだった。
高い物ではなかったが、当時金の無かった私にとっては高価なものであったそれを、事も無く元嫁は無くした。
無くしたのは勿論家の中なのであるが、誰一人として探そうとしないのである。
普通なら、それが他人であったとしても「何かなくした」となれば、付近に居る人は協力してくれるものだが、誰もが「私知らないわよ」の一言でお終いである。
自分が疑われなければそれで良しという事。
決して一緒に探そうなどとは思わないらしい。
まして身重の娘(元妻)に対し「アンタがだらしないから」と言い放つ、とても思いやりに溢れた奴等なんだなぁ~(大爆笑)
たしかこの時は親戚も居たっけなぁ~(嘲笑)

再度話を戻す(^^;)
暮らしが破綻する1年前の続きである。
そう、調停を起こすつもりだったと言われた後の話である。
「どうやって暮らすのか、仕事は何をするのか」と、問い質した。
答えは無かったが、それでも娘と2人で暮らしたいと譲らない。
つまりそれが意味する所は(後にハッキリする事だが)月々の生活費を払う条件で離婚しろという事であるのだ。
金額はこれまでと同じ。
そんな勝手な話は聞いた事はない。
まして私はそんな金持ちでもないのだよ。
なので「どうやって生きて行きたいのか、暫く一人で考えてみなさい。そしてやりたい仕事を見付けなさい」と言って、避暑地に一週間放り出してやった。
普段から何もやってない奴に夏休みとは変な話なのだが、今後の事を考えれば仕方が無い事と、その時は思った。
勿論、その間の娘の世話は私の担当であるのだが、8月は決算がある上、連休も有りかなりタイトなのですよ。
それでも行かせた私は、今考えれば何処までも間抜けな奴である。
これは遊びに出たいだけの計略だとは後々になって知る。
何せ当時の私は毎日フラフラの状態で過ごしていたから、まともな判断など出来る訳が無かったのだ。

次章に続く。 このページのトップへ
違和感が払拭されないのですよ

今日は一日中池田親子の誘拐事件報道ばかりだったように感じるのは私だけ?
なんか、異常に画面露出度高くないっすか?
一般人が同じ目に有ったなら、せいぜい2~3回報道されてお終いと思うのですけど、カリスマだとこうも違うもんなんかな?
それと、余りにも事件が早く解決し過ぎ。
まして普通ならば、誘拐によって恐怖を感じ続けた訳だから、精神が相当に疲弊しているものなんだけど、こうやってカメラ前に出て来れるのは馴れのせいかしらん?
まるで「名探偵コナン」が解決した事件のような展開ですな、、無事でよかったけど。 このページのトップへ
めにゅ~開発中~

数日前のこと、酔っぱらっておかしなメニューを思いついた。
レシピは以下の通り。
鶏ガラ出汁と厚節(混合)出汁を5対5。
醤油味、細縮れ麺。
トッピングはほうれん草、煮豚スライス、焼き海苔、メンマ、、刻みネギ、そして、、
なめこ!

鶏ガラはコトコト2時間位、厚節は15分程度煮出す。
鶏ガラ出汁は一度冷まし、油を掬う。
厚節出汁は濾す。
丼一杯分の出汁を併せ、醤油で味付け、洗ったなめこをさっとひと熱通す。
麺を茹で、丼にあけ、出汁をなめこごと張り、トッピングして出来上がり!

完成品はこちら。
D200_1079.jpg
今ほうれん草は高いし、煮豚は手に入らず、水菜でごまかす、、、焼き海苔は入れ忘れてしもた(^^;)、
で、お味の方は、、、ぅん~、不味い、、とてもではないが、もう一杯とはならない(爆笑)

こんな馬鹿な事考えるのは私位だろうと思ってましたらば、、、歌がありました(大爆笑!)
http://www.godflash.com/swf/nameko.html
ちょっとハマるかな?

このままでは悔しいし、鶏ガラも残っているので、今日は味噌でリベンジじゃ~~。 このページのトップへ
WCのためでなく、、、トイレじゃないよ(爆)

空を劈くジェット音で目が醒めた。
「まさか、、てっぽド~ン!」と思って窓を開け空を見上げるも何も無し。
と言うか、分厚い雲に阻まれ何も見えず。
ニュースを点けるが何も報道は無い。
「みのさん」はヘラヘラ笑ってる、、、気のせいだったか(^^;;;)

飛び起きたせいで、見た夢を鮮明に憶えている。
私にしては少し面白い内容なので書いてみる。
今回、私は何と犯人役だ!(爆笑)
しかも過失致傷事件の犯人、小物役である(笑)
舞台は日本だろう、、路線バスの終着点にある、浜辺の街。
私の周りには常時、何人かの刑事が張り付いていた。

刑事たちから逃れようと、「今日、振込みに行かなければ間に合わない」とか、「車に傷を付けられた」とか、超リアル(爆)な言い訳をする私。
追い詰められる側の心理、延々とぬかるみを探り歩くようで何とも心地悪い。
ところが、ストーリーは急転する。
その刑事たちの一人を追って来ている連中が登場する。
別の捜査で動いていた刑事たちである。
その理由は、私をマークしている刑事は、子供の頃に他人と成り代った過去を持っていた。
この刑事(以下、A刑事としよう)の本当の出身は東南アジアの貧しい村。
難民として少しはマシな国に逃れてきたのだが、誰一人身寄りはなかった。
事件はA刑事が子供の頃に起きたらしい、、
そして日本の浜辺の街に流れ着き、、
真相解明前に起きてしまったので、それが何なのか分らずのまま、、自分で考え上げたのに何か変だけど(笑)
その成り代りを証明する為、A刑事が子供の頃に住んでいた土地の名前を、遠くから叫ぶ刑事たち。
ビクッと反応するA刑事、、、

ってところで、ジェット音で目が醒めた。
なんなんだろう、どうしてなんだろう。
深層心理というのは面白い。
犯人役というのは初めてだったが、これは何か後ろめたいものを感じているのでしょうか。
で、刑事が過去を偽った人物であるという設定。
これは多分逃げる為に、夢の中でストーリーを勝手に変えてしまった、と言うか都合良く思い描いたと言う事ですな。

追い詰められる心理状態には良くある事なんですね。
些細な事、小さな事に理由を付けては、その場から離れようとする、追求から逃れようとする。
話が核心に迫った時、関係ない話で誤魔化すのと同じです。
で、何とか逆転を狙ったのでしょう。
素直に犯行を告白するのではなく、相手に不利な状況を作り上げてしまう。
しかも逆に追い詰めようと。
つまり自分の犯行より重い犯行を作り上げ、自分は逃れようとする心理です。
今のトシちゃんの心境だろうか、、私の周りでもよくある事なんだけど(^^;)

で、私は何に追い詰められているのだろう??
決算月なので、数字にはピリピリしてるのだけど、とうに期日を過ぎているのに支払に「待った」が掛かっちゃってるところが有って、ココが月末に、しかも15時間際に振り込んで来たりすると、大どんでん返し~!になってしまうのです、、わはは。
そっか、娘のこと以外にも、やはり不安を抱えていたのね。
せっかく早起きしたのだから、今日は裏取りに歩いてみるか。 このページのトップへ
大丈夫か、ニッポン?

奈良県田原本町の事件で行方不明になっていた長男が放火を認めた。
正直「あぁ~やっぱりか」という思いである。
これは単なるヤマカンではなくて、事件発生当初に比べ報道の語調が次第にマイルドになって行ったので、重要な何かを掴んでるなと推測していたのです。
当初「ガソリンの匂い」と断じて報じていたものが、「石油のような匂い」に変ってますモンね。
裏取りが始まって、規制が入ったのですよ。
鈴香の事件も、今は新たな事実が報じられませんが、裏取りをしている真っ最中という事でしょう。

最近はこんな事ばかり書いてるな~。
鈴香事件、ゼロ・トレランス、ポリティカリーコレクト等々、、
一昨日は光市事件の最高裁差し戻し判決が有ったし。
彼はどれ程の涙を流し、どれだけの憎しみを飲み込み、悲しみに打ち克って立つ姿には、胸が熱くなる。
死刑か無期か、死刑になるべき犯人なのだが、彼はそんな事を言っているのではない。
司法のあり方を問い質しているのですよ。
被害者の感情を幾許も汲み取らないというのが一つ、そして自信をもって裁けなくなった事が一つなのです。
かつて私はメーガン法導入について書きました。
光市犯人は成人を迎えても名前さえ発表されないが、この状態でシャバに放り出すのは危険極まりないでしょう。
必ず第2第3の犯罪が起きます。
死刑にしてくれれば安心なんだが、そうでなかった時、もし恩赦で出てきてしまったらば、どうするか?
アホみたいな思い付きだけど、PHSに連動したスタンガンを持たせて、その位置を24時間ネットで公開するのです。
で、奴をクリックすると1回放電。
でもって、ドラッグするとマウスを止めた所まで全力ダッシュ!
遅れれば再び放電!
昔でいう市中引き回しなのだけど、ある意味死刑より残酷だな。
死刑か無期かの議論も結構だが、コイツは性犯罪者、異常者だという事を忘れないでおいて欲しい。

だいじょう~ぶにゃ~ニッポン?! このページのトップへ
このモヤモヤっとしたものは何だろうかと数日悩む。

梅雨時だからだろうか、、いや、私はそんなセンシティブな人間では無い筈だ。
どうも答えが出そうで出ない時の、独特のモヤモヤ感、この気持ち悪さに連日浸っているのです。

99年4月20日、コロンバイン・ハイスクールでの、生徒による銃乱射無差別殺人事件。
犯人の生徒2名は、13人の命を奪い他の24人を標的にした後自殺した。
その後「エレファント」という映画にもなった。
この事件以前にも、銃による殺人事件が頻発していたアメリカという国。
小学生がナイフや拳銃を護身用に持って登校しなければ、逆に命が危なかったというアメリカという国。
これらの状況を改善するために、かつての大統領ビル・クリントンが学校に導入したのが、ゼロ・トレランスという罰則制度である。
内容としては一切の情状(トレランス)を酌量せず、画一的にルール違反に対し罰則を科すというものだ。
違反した生徒は容赦なく罰せられ、レベルに応じて警察に連行され、保護更生施設に送られるというものだ。
多民族国家であるアメリカらしい、ど真ん中ストレートな手法なのだと思う。
感受性も共感性もそれぞれに違っている民族に対し、一つの民族だけのルールで縛ろうとする事には無理がある。
なので徹底した合理主義の下、国民を統一する考え方が、日本の場合とは随分と違う。
が、しかし、ここ数年の間、日本でも導入が真剣に検討されていて、既に鹿児島や広島、岡山では導入されているのです。
今後次々と導入が進んで行く事だろうけど、終に日本もそこまで来てしまったのかという事を認識しなければならないのだろう。

「校内暴力」という言葉が聞かれるようになったのは、多分私等の世代からではないかな。
私は暴れていた訳じゃありませんけど(汗)、、「たのきんトリオ」が金八先生に出ていた頃と思うのです、、歳がバレるけど(爆)
当時の名台詞「腐ったミカン」にも表れているよう、成績と品行重視で大人に都合良い生徒に仕上げる事への反発なのだと思うが、昨今はそればかりではないように思う。
虐めの横行や学級崩壊、不通学、そればかりか児童同士の殺人事件まで起こってしまっている。
このまま大人が放っておけば、必然的に子供たちの間に力支配が生まれてしまうので、益々学校は荒れて行く。
「末期症状を招いた背景には他の何かが有るのですよ」との囁きに、この何日か憑り付かれているのです(←別の意味で危ないか、笑)

人間関係が希薄になったせいとも言われるが、それだけの理由かと思うのです。
私は薄くなるのは構わないと思う。
都会でも田舎でも同じ距離感である訳が無いし、人口密度も違えば、風習も習慣も違う。
薄い関係を心地良しとする時も有れば、田舎の濃い関係に助けられた経験も有る。
弾力的な対応が出来るか否か、それが大事なのではないかと感じる。
ただ一つだけはっきり言えるのは、希薄になった事によって日々の訓練がされなくなり、コミュニケーション能力が異常に低くなってきたのではという事だ。
そうなると当然ネゴシエーションも下手になるし、問題が発生した時、解決のために粘り強く折衝する根気も無くなる。
勿論、人の話を聞く力も衰えて行くから、結論を出す事など不可能になり、数の論理や力関係、権力によっての解決しか出来なくなる。
共感性も育たなくなるから、人の痛みも分らなくなる。
何とも情けない話だ。
なので、結果、平気で凶行に及べるのですよ。
それでももう一度、結論を急ぐ前に、コミュニケーション能力の低下とはと、再度問いかけたい。
自分をエクスプレッションする能力の低下なのか。
上手い事言葉が見付からずに恥をかいてしまい、人との接触が嫌になり、引篭もってしい、、という事だけなのか?という疑念が頭を擡げ始めていたのですよ。
人と上手くコミュニケーションが取れない、よって友達も少なく孤立してしまうという辺りまでは何となく分るのだけど、その能力欠如が凶行に結び付いているのではないかと言う仮説に苛まれていたのです。
鈴香の事件が発端なんだけどね。

人というもの、誰にも話を聞いて貰えなくなると非常に辛くなる生き物なのです。
人は本来、他人と言葉をもって交わりたいと言う欲求、そして話を聞いて貰いたい、社会認知して欲しいと言う生物なんです。
だが、それが上手く出来ない人も居る。
個々のコミュニケーション能力に判定基準は無いし、資格審査性でも無い。
よって全ては個人の資質と言う所に帰する以外無い。
勿論、それが出来ない人達にも問題がある。
一を聞いて十を知れという言葉がある。
日本語には常に含みという要素があって、時にそれが誤解の種にもなるものだけど、人の話を聞く能力が劣れば、そんな芸当は出来る筈が無い。

話を戻す。
子供たちの世界には、刺激が多すぎるのですよ。
私が通うスーパーの入り口には、幼児向けのゲーム機が2台設置してある。
そこに群がる幼児たち。
中にはリノリウムの地べたに座り込み、カードを並べたり、ポッカ~んと宙を見つめる子も居る。
その間、親は買物に集中している
迷子にでもなれば店の責任として責め立てるのであろうか。

右を向いても左を向いても、子供たちの興味を引くものばかり
お菓子のお家に放り込まれていながら、食べてはいけません、勉強しなくてはいけませんと言うのと同じで、恒常的に魅力あるもの(刺激)に晒され続けたら、当然考える時間は少なくなってしまうのだが、親は楽をしたいので、この状態を良しとするのだ。
ゲーム市場、キッズ市場は大人が作り出したもの。
ゲーム機で会社は利潤を上げ、生活は豊かになる。
しかし子供は落ち着きを失い、ADHDやアスペルガーのような行動を繰返す。
勿論問題はゲーム機だけでは無いが、子供にとって魅惑的な物が溢れ返っている事にも、集中力の欠如を招く要因があるのです。

子供たちは、考える事をしなくなってしまった、少なくなってしまったのだと、つくづく思うのです。
考える事をしない、物を深く考えない、、、そもそも、人間はややこしい事は苦手なんですよ。
楽して生きて行きたいモンなんですが、あまりにそれをしなくなると医学的にも思考回路の形成が劣ると言われている上、抑制が効かなくなるのです。
でも、たまに大人でも居ますね。
右のネオン、左のオネエチャンに気を取られっ放しで落ち着きを無くしてるオッサン(爆)
結局それに慣れてしまうと、論理の組立が苦手になるんですよ。
そうなると勿論、一部の天才肌を除いては創造というものが出来なくなるし、挙句は人の話に付いて行けなくなる、、つまり順序立てて整理しながら聞き、積み上げて行く作業が出来なくなってしまうのです。
よく居るでしょ?結論だけくれと言う話し振りの奴。
だけど、コッチだって色々と話を引き出して整理しつつも「こうなの?ああなの?」と、投げ掛けながら確認作業をしている訳ですよ。
人に相談や頼み事をしておいて「結論だけくれ」というのでは、某国の外交と一緒というもの、折衝ではなく要求なのです。
こんな風に大人の世界でもコミュニケーション能力が疑わしい事例も沢山有るのだから、親の背中を見て育つ(と、かつて言われていた)子供が真似をしない訳は無いんですね。
要求だけで済めば、実に効率的になるのですよ。
相手の状況や立場を慮る事など不要なので。
これが金銭至上主義で罷り通っていたホリエやムラカミの行き過ぎた行為の発端なのです。
そして彼等に踊らされた人達も、お金を使わないにしろ、力の論理を持ち出して物事を簡単に解決しようとしてたのです。
多分今もトレンドでしょうね。
景気回復といっても、単に二極化して貧乏人は不良債権として整理されたに過ぎませんから、益々横暴な論理が行使されている事でしょう。

大人でも子供でも「言いたい事が言えない立場」、「聞いて貰えない」となると鬱などの症状に陥ってしまう事が多いのです。
子供の場合、学校では集団でシカトされたり意地悪されたり、家では親には逆らえない。
大人は大人で会社では上司には逆らえない、部下からは突き上げを喰らう。
家では安月給と毎日罵られる。
これらの日々のストレスが、大人も子供もある時「ワ~っ」と突出してしまうのです。
共通して言える事は「言葉になってない」と言う事。
理性で押さえ込んで来た、腹に積もった沢山の事柄が一気に突出するのだから、言葉などにしている暇など無いのです。
ましてドーパミン全開の興奮状態ですし。


耐震偽装がスッパ抜かれた年初。
各地の住民の方々を震撼させ、怒りの拳を振り上げる事となったのだが、この国の社会構造には手抜きはなかったのかな?
そして、もし、また、大きな事件や災害が有った時、この社会はその衝撃に耐えられるのだろうか。
子供に原因や背景を正しく説明出来るのかという疑問が出てくる。
大抵は誰かを吊るし上げて「私はあの犯人とは違う」と、差別化を図る事で片付けてしまう事が普通だ。
だが、背景や原因がキチンと整理されて教えられないと、欲望の生き物である人間はまた同じ事を繰返してしまうものなのだ。

実は社会構造も手抜きになっているのかもね。 このページのトップへ
お付き合いでカツでも揚げるか~っ!

という事で、少々張り込んで「ヒレ」を買って来た。
若きし頃は絶対にロースだったのに、最近は脂肪摂取に極端に控えてます。
リーバイス501が入らなくなったら、もう男じゃないからねぇ~と、自分で引いたラインを死守してるんですな(苦笑)

ところで、この間作った看板が、雨で滅亡しますた(号泣)
両面テープやら接着剤で隙間を埋めれば何とかなるかな?と、タカを括っていたらば、この所の長雨ですっかりボロボロ。
己の浅はかさを改めて思い知ったのでした。
だが、しかし、こんな事では打たれ強いオッサンはメゲナイ、、
ラミネーターを買って来たのだよ!
最初から使いなさいというツッコミはご尤もなんですと、反省至極(^_^;;)
自然を甘く見てはいけませぬ!
そう言えば、、極寒の中白鳥を撮りに行って凍死しかけたなぁ~。
http://d70.blog6.fc2.com/blog-entry-62.html

さてっと、料理すっか~

--- 追記 ---
かつて「おすぎとジーコ」というギャグがあったが、私も今、気が付いた。
「ジー(爺)ちゃん」だよね、、
皆様、父の日ならではという事でお許しを、、
もう始まるな、、応援しよう! このページのトップへ
デイブ・ペルザー著

短く書いておくが、「アイ・ティー」じゃないよ。
どうしても彩香ちゃんとダブってしまうのだよ。
カップラーメンのお湯がなくて、そのままかじっていたとか、零下の中、車で暖房も無しに凍えながら眠ったとか、、
人のする事かと想像を絶するのですよ。
近所の人達も気安く手を差し伸べれば、鈴香の逆鱗に触れると思って何も出来なかったのだろうな。
遠巻きに見守るしか無かったのだろう。

もし生きていればと思う反面、辛かった短い生涯を、短くて良かったと不謹慎な思いすら過る。
彩香ちゃんは、母親が大好きだったのですよ。
他に頼る大人が居なかったという事ではなく、生物学的にね。
どんなに酷い仕打ちをされても、子供というものはそれは自分が悪いからと、思ってしまうのです。
児童心理も十分学んだつもりなので、自信を持って言わせて戴くよ。

子供の命は親のものではない。
そろそろ人格というものを学習したらどうだね。 このページのトップへ
今に拘置所も刑務所もパンクするぞ!
そしたらまた民間委託だったりしてね(大爆笑)

さあ、どうなるシンドラー、、大体名前が気に食わねぇんだよなぁ~、今、関係ないけど。
各国で何度も死亡事故を起しておいて言い逃れようとする姿勢は何だろうね?
裁判慣れして居直ったか、、
鈴香や他の異常犯罪者とオーバーラップするのだよ、どうしても。
昔刑事ドラマでよく聞いた犯人のセリフに「政治家や大企業の方がもっと悪い事やってんだろ!」というのが有ったけど、この歳になって規範が揺らいでいる、、いや昔から揺らぎ続けて来たというのがよく判るようになった。

先進各国では死刑は減少傾向に有るけど、どうやら人道的な判断からばかりでは無いらしい。
ポリティカリーコレクト、これらしい。
勿論、人が人の命を奪えるのかという倫理的、宗教的な意味も絡んで来るのだけど、それ以上に犯罪者といえども救済すべきという弱者救済の姿勢に押され捲っているというのが本当のようだ。
裁判官も人の子、責任を取りたくないのですよ。
非難の矢を放つのは市民(一部はプロ、団体)だけど、マスコミが騒ぎ出したら堪ったモンじゃないというところだろう。
だが、日本人全体も考える力や悩み抜く力の不足傾向は明らかなのですよ。
深く考える事が出来なくなってしまっているんですよ。
都合の悪い事は人のせいにして、嘘を本当にして生きていけたら、それ程楽な事は無いモンね。
そんなだから刑事ドラマのセリフになるのだよ。
犯罪にレベルは無い、悪い事は悪いと言い切れる人間が居なく、、いや期待を込めて少なくなってしまったのだ。
皆さんも身近な例で見てみて欲しい。
「これ位の事で」と開き直られる例も多いかと思う。
でも待ってくれ、これ位の事の受け取り方は人によって皆違う。
さらにこれ位の事を許せば、これも大丈夫だよねという導きにもなってしまうのですよ。
そこには、とっくに人間同士の思い遣りなんてものは無く、ボーダーを広げる目的しかないのです。
自己の利益のためにね。
そうやってモラルは少しずつ崩れて行くのですよ。

かつての日本人は美徳として「潔さ、実直さ」を身に付けていた筈。
それは武士道精神に端を発するという。
だが、徐々に、気が付かないスピードで、、というか価値観の急激な変貌で忘れてしまったんだろうな。
所詮、人間は万国共通で「楽」と「便利」が好きなものだから、その時々の判断で都合の良い理屈があれば、それを楯に自分を弁護するものなのだ。
まぁその後は、アイデンティティが薄いから誰にも相手にされなくなるが(笑)

だけど昨今、このシの字のように奇弁並べて言い逃れようとする奴が多いんだけど、大丈夫?、この先の日本!?
面倒くさいモンね、疲れるモンね、誰かのせいにした方が楽だよね。
だけど、そういう習慣を付けてしまうと、捕まらなければ、バレなければという判断に終始して動じなくなってしまうのですよ。
それこそ美徳よりカネや欲望が大事という性根に変化しているんですな。
ホリエやムラカミばかりではないけど。

例えばの話だが、昨今の事件で検事が頑張って拘置所がパンクしたらば、、
そしたら何かい?もしかして恩赦かい??
再犯率は高いのだから、それだけはやめてくれよな!と、切に願う。 このページのトップへ
将来、娘が読む可能性が有るので下ネタは控えてきたが、、

一部伏字で出しちゃうよ。
****************こっから****************
 朝○新聞社の行った調査結果です。夫婦の4組に1組はセッ○スレスという事になります。
セッ○スレスの原因として「性的回避」「性嫌悪」「性欲減退」「勃起障害」などがあるそうです。都内で兼業主婦をされている〇〇彩さんのお話を例に挙げてみることにします。彩さんは、25歳で結婚し、現在35歳。子供はいません。旦那さんは会社員、〇〇彩さんは自宅でフリーライターの仕事をされています。旦那さんとはセッ○スレスになって約5年。セッ○スレスとなったきっかけは得に無かったそうです。夫婦というよりも、「家族」という表現が適している。いまさら、お互いの肌に触れあう事自体が不自然。「セッ○スしよう」なんてお互い口が裂けても言えません。別にマンネリ化したとか、愛が無くなったという事ではないのです。単に、お互いがセッ○スの対象では無くなってしまったのです。話をよく聞くことで、離婚だとか、別居だとか、そういう事が全く論点のズレている事であるのが分かります。セッ○スレスという問題はあるにしても、人生のパートナーは人生のパートナーに違いが無いのです。彩さんの様なケースは、特別なことではありません。ごくごく身近に存在する問題。それが「セッ○スレス」です。
 セッ○スレス。……あなたはそれに耐えられる自信ありますか?男性自身や女性自身を解放したい欲求はごく自然の事ですし、異性の肌に触れ、触れられる喜びはとても大切な事でしょう。
 セッ○スが無くて耐えられない人は、当然の様に旦那さん以外の男性にそれを求めることもあるのです。「友人の男性と不倫関係に」「出会い系サイトで寂しさを紛らわす」そして「出張ホストを指名する」。方法は人によって様々ですが、出張ホストを依頼する人の多くは、「相手に本気になられては困る」「旦那さんにバレては困る」「家庭を壊したくない」という所に理由がある様です。月1,2回の指名ができる人にとって、出張ホストを指名することがセッ○スレスの解決策とも成り得るのです。

『隣の芝生』はセッ○スレス問題を解決する為に作られたサイトです。登録は男性無料、女性安格,さらに男性登録後総額7,000円分のポイントが自動追加されます,無料でご利用できます。セッ○スレス問題で悩んでいる方はぜひ...
****************この辺まで****************
大体にして朝○新聞がこんなアンケート取るか?
もしホントだとしたら、今頃他紙にスッパ抜かれているでしょうが。
個人情報どころか○め事情報なんだからwww

まぁ、作文としたら今までで一番面白かったよと言っておいてやろう。
でも、もう、いい加減小学生並みレベルには、ゲンナリ、、
大体にして、文章の組立がなってねえんだよ!
(さぁ、文章中にヨンモジは何箇所あったでしょう、、嘲笑)
昔はもっと面白い話もあったぞ!
文章が余りに上手くて、思わずぞっこん惚れ込んでしまって、会いたくて会いたくて堪らなくなって、メールで告白してしまって、、それでも電話番号は教えて貰えなかったモンだから探偵雇って調べて貰って、愛しの彼女の家を訪ねたらば、そこに居たのは胸毛臑毛ボウボウ、フケだらけの男だったっと、、
そう、ネカマの話なんだけど、訪ねた男は想いが棄てられなくてメールだけは続けてくれるよう、お願いしたそうな、、
見上げた根性してやがる!
つまり、それまでの自分の歴史が棄てられなかったのね、、(ワハハ)

ああ、時代を感じる話を思い出したなぁ(爆笑) このページのトップへ
その上すっかり忘れてるなんて!!(猛省)m(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m

旧ブログで、作家、井上路望さんの「十七歳」の感想を書いて、そんでもって路望さんご本人からコメントを戴いていたんです!!
http://d70.cocolog-nifty.com/d70_web_log/2005/03/post_2.html#c6433240
戴いたのは2月のことで、気が付いたのは4月を過ぎてから、、、この時点で既に失格、、
で、更に2ヶ月経過した今、このお詫びの記事を書いている次第で、、「ファンです、素敵です、火の中水の中~ぁ!」と書いても決して信じては貰えない事でしょうけど、、
路望さん、本当にごめんなさい。
出来ればFC2の方に戴きたかった。
ご活躍期待&応援しておりますよ~(^-^)V
自己都合ばかり並べる大人たち、若い人たちの目を覚まさせてやって下さい。
あなたなら出来る。
お若いのに良く考えておられる。
あなたのような方がもっと増えれば、今後の日本、娘の代(現6歳)になったとしても安泰なんだけど、、

年金問題だのニート対策だの、重たい雲が日々厚くなっているように感じますけど、こんな人がちゃんと育ってるんですね。
まだまだ日本も棄てたモンじゃないです。

最後に、、井上路望さん、本当にごめんなさい。 このページのトップへ
千葉店開店という事でオバちゃんがコメントしてた。

「可愛かったわよ、若ちゃん」だと。

若ちゃん、若ちゃん、若ちゃんww
可愛かった、可愛かった、可愛かったww

そっか~!
今は若い娘(比較的にという意味での)の気を引くより、オバちゃんパワーをモロに活用した方が良いのね!?
お金持ってるしね~。
大体にして、ヨン様ブームを生み出した主動力はオバちゃんだったもんね。

もしかして、株価回復の立役者もオバちゃんパワーのお陰か!?
とある政党は、圧倒的にオバちゃんパワーで支えられてるようだし。
オバちゃんぱわぁ~、恐るべし、、
これから書類書くときは、ターゲットの第一位をオバちゃんに変更です(爆)
オバちゃんの心を掴めば、お店も会社も繁盛するって事で、方針変更!!。

って事で、書類書き直しポ、、まだまだ寝れぬ、、 このページのトップへ
鈴香、鈴香、鈴香、鈴香~っ!

どこの局でも

鈴香、鈴香、鈴香、鈴香~っ!

このコメント

何度も、聞いたぁ~、聞いたぁ~、聞いたぁ~!

この女の顔

もう、見たくない、見たくない、見たくない~!

誰もが気付いている筈なのに

報じない、言わない、黙ってる~っ!

異常犯罪なんですと言い切ってしまえば言いのだけど、その論証が出来ないという事だろう。
理解出来ないですモンね。
でも事実というものはスンナリした流れが有る物です。
歪曲した嘘を塗り固めても最後には必ずバレるモンなんですよ。
それを事実として思えてきちゃう処が異常心理なんですよ。
「溺愛していた」などとも言われてますが、これは「自分はいい母親」であるという演技に酔っているだけなんです。
即ち自己愛から発するものなんですよ。
コイツ、徹底的に暴かれるべきです。 このページのトップへ
翡翠撮りに行きたいなぁ~
でも土曜だしなぁ~、人多いだろうしぃ~

書類出来てないしなぁ~

でも、いいなぁ~、いい天気だなぁ~
こんなチャンス暫く無いだろうしなぁ~
でも書類出来てないしなぁ~
どうしようかなぁ~

翡翠待ってたら一日潰れるしなぁ~
書類作んなくちゃなぁ~
でも、空、真っ青だしな~
外見ちゃイカンなぁ~
でも、いいなぁ~
こんな日は光量充分だし、早いシャッター切れるしぃ~
でも締め切りも有るしなぁ~、、、、
と、煩悶する午前6時、、、悶々々

---追記---

こんな日は
紫外線が強いので、おうちに引篭もってましょ~う!
決しておそとに出てはなりませぬ。
メラノーマになりますよ~!
皮膚がボロボロになりますよ~!

私は曇り空が好きで~す!
決して僻んでませ~んよ~!

悔しさも、あと半日の、寿命かな

---追記2---

曇った~
怨念が通じたか(爆) このページのトップへ
バレバレなんだよ!

衝動殺人と言っているが、おかしいな、有り得ない、、作文だな。
自分への疑いを逸らすための犯行で、、即ち計画的であったのだよ。
減刑を目的にして「見ているうちに衝動的に殺したくなった」と言っているに過ぎないのですよ。
「娘の思い出の品(ポケモンカード)を何か貰って欲しい」というのももっともらしい嘘。
普通なら我が子の物は何一つ手放したくない筈。
遺品の整理だって一周忌を過ぎて、心の整理が付いてからというのが普通なんだよ。

何故第2の殺人を犯したのか。
事故死という結論、、警察の捜査に不満であったというのは建前。
我が子を手に掛けておいて、捜査の対象から逃れるために「他の犯人」が必要だったという事でしょう。
心理オタは見抜いているのです。
普通なら、、この際何が普通かも基準が難しいところだけど、我が子を失った直後というのなら、他の子供との接触は避けたいと思うのでは?
私だって娘に会えなくなった直後は、幼子を眼にするたび胸が苦しくなったもんだ。
それに大体、腰紐がなんで玄関にあるのよ。
ワイドショーでの近所の人たちのコメントを聞いていると、どうしたって残虐な事件が起こるような地域に思えないのですよ。

もし衝動的殺人が本当だとしたらば、相等に精神構造を病んでます。
若しくはドーパミンの分泌に異常が有りますなぁ。
こういった感情が発生する心の構造としては、虐めの心理やDVの心理に酷似してます。
自分の立場を保護するため、力を確認するために暴力や殺人を犯してしまう例と一緒です。

自己愛性だな、演技性という声も有るけど、いやボーダーラインかな。
サカキバラや西鉄バスジャック、宮崎勤など、一連の異常犯罪と共通性を感じます。

こんな事件だと、オチも付けられんな。 このページのトップへ
テレ朝報道ステーションで観た。

他人事なんだねぇ~、アンタ!

自分とは、家族とは関係無いというその根性と言動こそ問題なんだよ。
無責任そのものじゃねぇか!
イケシャーシャーと自己弁護ばかり、よう言うわな!

そういう人間にしたという自戒は最後まで聞かれなかった。
不愉快だが、記録として残しておこう。 このページのトップへ
そういや、美術部だったなぁ~、、(爆笑)

このところ突貫工事で仕上げていた物が仕上がりました。
コレです。
N0696s.jpg
自画自賛!!、、(^_^;;;;)

もし本物が見たいという奇特な方がいらしたら、是非訪れてやってください。
場所はここです。
http://comvietnam.web.fc2.com/
味は保証します。
ウマ~でございます。

、、、追記、汗、大量の酒瓶がバックに写ってた~!、、(滝汗) このページのトップへ
乱れという一言では片付かんな、重要な何かがぶっ壊れている。

今、手掛けているお店の資材を仕入れてメークアップし、やれやれとヘベレケに酔いつぶれてソファーで眠る事3時間。
「あ、イカン、またやってしもた」と、布団を敷かねばと思った午前3時30分、ウッソみたいな記事が目に止まった。
凍りついたよ、マジで。
http://www.asahi.com/national/update/0605/TKY200606040245.html
言い切ってしまおう、我が子が邪魔になり手に掛け、罪を混濁化させる、、ちょっと難しい話だけど、自分の犯した罪を平常化するが為の第二の殺人が起きたと言える。
つまりこうだ。
初めて万引きしたとする。
万引きは立派な窃盗であって、許されるものではないという呵責に当人は苛まれる。
だが、価値基準がひっくり返ったら、、つまり「万引きなんて何でもないじゃん」とか「誰でもやっているじゃん」とかの自己保身心理が働いた時、それを実証するために、「何でもない事なんだ」と心に刻み付けるために万引きを繰返す、、捕まらなければ悪い事じゃないという逃げ場を確保する為の心理状態なのです。

どうやら犯人は自分の娘が邪魔になったようだ。
日頃からネグレクトを繰返していた様子も報じられている上、男も出来て「いたしている時」は家に入れて貰えなかったとの記述も有った。
なので我が子をその手で殺害し遺棄、そして自らの罪の意識を誤魔化し、犯人は他に居ると思わせる為に2件隣の男の子も殺したというのが真相だろうけど、じょうだんじゃないよ!
命を何だと思ってやがる!

また新たなソースも出て来てるだろうから、朝ズバ観てから寝ようと思う。
その為に、今こうして頑張っているのだから。
このページのトップへ
パチンコじゃないよ(爆)

あと三日で「オーメン続編」が封切られるそうだけど、出産を控えたママは複雑な気持ちだろうな。
6日に生まれたらば、確実に「ダミアン」と言われて虐めの対象になるだろうし。
そんなの冗談じゃないよね、、、一生その子はそれを引き摺って生きて行く訳だし、、
出生届だけど、一日位は日付を遅らせたって何の咎めも無いのです、、多分、大丈夫だったと思う。
4月1日生まれの子の親は、平然とやっていたから、全然平気だろう。
忌み嫌われる誕生日だったら、避けてやるのが親の務めというもの。
私だって犬養毅と囃されたもんなぁ。
それと、正直に届けを出したとしても「あなたは単発で当って出来た子よ」などとは絶対言わないように(爆)

でも何で今更オーメンなんだ?
これで数字取れるとは思えず、単に666並びで企画されただけの事か、、
としたらば、かなりいい加減かなぁ。
ダビンチコードの影響かしらと思ってしまうのだけど、そもそも旧約聖書にある、ナンタラカンタラなどは人民を統治するためのナンタラカンタラ、歴史の一編に過ぎないのですと私は学んだのです。
その過程で悪魔の存在が必要となって来るだけなのですよ。
ナンダラカンダラは面倒なので伏せますけど、皆さん調べてね。

大体にして、ノストラダムスの予言だの何だの言って、未だ地球は生き残っている事実をもって「何か?」と墓に向かって言ってやりたいですねぇ。
世論を煽って儲ける商売というものは、中世も現世も同じという事、、つまり人間は大して進化していないという事の実証でもあるのかな。
ならば、来年の「777」で生まれた子は超ラッキーということかぁ!?
違うよね。
結局はパチンコネタ、、、
不謹慎だな、、つい最近も熱中症で乳児が亡くなったばかりだというのに、、親御さん、天誅を喰らわぬように。

6日に吊るされるのは村Fだったりして(大爆笑)

世情が不安定になると煽る奴が出て来るのは、今も昔変らないという事なのです。 このページのトップへ
能面の表情はうってつけ!

ぅ~ん、演技は下手だったけど凄みはあったなぁ。
流石金メダリスト、勝負強い。
今後とも女優出演を望むと、短く書いておく。
こんな個性派は今時中々居ないからね。
でも、釈は可愛いな~、、と言う私はオジサンね(爆) このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

05月 « 2006年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -