サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ケツがイテェ~。

昔「釣りバカ日誌」でスーさんが出社する時、年代物の大型バイクを運転しお迎えの運転手をサイドカーに乗せて颯爽と走り出すシーンがあった。
社に着いて重役たちと交わした台詞が記憶に残っている。
「いやぁ~、尻の肉が薄くなってしまって」
人間というものはつまらない事をいつまでも憶えているものなのだろうけど、二輪の経験がないとこんな台詞は書けないな~などと、我が身を思い返したりする。
人生、無駄な経験など無いのですね。

大爆笑だった!!
「たかじんのそこまで言って委員会」
初めて観たけど、面白過ぎる!ww
何で東京で放映してくれないのかなぁ。
大阪から900Km離れたこの地で見れるというのも不思議な経験であるが、とにかく笑った。
橋下弁護士、田嶋センセ、そして赤坂の火薬庫と称される勝谷誠彦さん。
「司法のしゃべりすぎ」を書かれた井上薫元裁判官が招かれていたが、総攻撃されていた様には笑った。
この時は橋下さんが凄かった。
「訴えた側の心の痛みが少しでも楽になるのであれば『蛇足』などと言う事はない」と、熱く語っておられました。
橋下さん、ホント人情派なんですね、、賛成です。

さてさて、明日は雨のようだから「国家の品格」を読んでしまおう。
「脳○汚染」(←検索ヒットが激しいので伏字 ^^;)も、もう一度読み直そう。
雨の日に動けないのは辛い。
ディーラーよ、電話では部品は昨日入っている筈。
あとはメカニックの頑張りだけだ。
さっさとやっておくれ、、頼むよ。
あんな古い車を看る機会など滅多に無いのだから、頑張っておくれ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
これ、何やろうか?

昨日の事チャリで撮り歩いとりましたねん(←関西弁である必要はない)
そしたらば、何だか危なそうな物を撮ってしまった。
これです。


10243s.jpg

拡大したのがこれ。


A10243s.jpg

下手したらサザン閉鎖だな(爆) このページのトップへ
心なしか下っ腹が締まったようだ(←気のせい)

暇である、、体が腐りそうな程、暇である。
世間はゴールデンウィークに突入しようとしていて、今、この時に仕事の話を持ち込む奴は居ない。
だから、これまで20数余年働いてきた中で、すんげぇ~暇である。
大丈夫か俺、、あと何日続くんだろうか?

なので読書に徹する事にした。
今の愛車、シボレー号を漕いで買ってきたのが「国家の品格」です。
少々前から話題になっていたので気にはなっていたのだけど、ようやく読める機会を得られた訳です。
まだ2~3ページを読んだだけだけど、う~む、そうですよね~と、感ずる所ばかりです。
ベストセラーになったという事から、まだニッポンは再生が可能かな?と期待するのです。
危機意識を持っている人が沢山居ると言うという事でしょうから。
安住の地、エルドラドは無いのだよ、、例え一瞬そう思ったとしても、それは誰かが齎してくれた結果に過ぎないのですよ。
株価は持ち直し、日本経済は再生したと獅子はCMで宣言してるがとんでもない。
あのね、例えば企業を評価するにあたって採算が取れない部門と、堅調な部門とが有ったらどちらを生かしますか?って事に過ぎないんですね。
切り捨て切り捨てで格差社会を作っただけに過ぎないのですよ。
銀行屋がよく使う手法ですな。
モチベーションを下げるような真似をして企業再生などという事はありえねぇ!と、少しだけコンサル業をやっている身としては思うのです。

村上、終に虎を喰ったようだ。
下痢するだろうに。
まあ、イエローは好きな色みたいだし(爆)、
ホリエも保釈されたようだし、姉チャンの頭髪疑惑も白日の下になりww!我々の知りたかった嘘の部分が今後とも白日の下に晒されていく事だろうけど、そんな時を利用する輩も。
共謀罪審議ですってねぇ。
あんまりにもタイミングが宜しすぎると、幾ら平和ボケした国民だって気が付くと思うんですけど、その辺り獅子は馬鹿にしているようですな。

騙されるな、惑わされるな、息衝くな。
ホントはまだまだ先が長いのだよ。
このページのトップへ
代車はシボレー

愛車を車検に出した。
何でも今回は重症で1週間の入院となり、細かなパーツオーダーも発生しそうなのでディーラーに預ける事になったのだけど、1週間というのは長すぎる。
だが、、しかし、、「部品を今から作る」と言われてしまったら、、黙るしかなくなる。
何せ古いからね~(^_^;)
今度はドライブシャフトやメーター周りまで交換となってしまった。
その金額たるや、、中・古・車・が・買・え・て・し・ま・う(泣)
それでも当時、販売数が少なかった事も有って、ネットを覗いていると今でも値が付いているのだから、マニアというものは一体何を考えているんだか、、って、私も同じだった(爆笑)
17年も乗っている割には走行距離は少なく8万Km程度のものだけど、今思い起こすと実に色々な場面で活躍してくれた。
何より気に入っているのはオートクルーズと低燃費で、ノンストップで一気に500Kmなんてのは朝飯前でした。
でも今は私の方が付き合えないだろうな、、(苦笑)

さて、桜前線が北海道まで到達する前に無事に退院出来るんであろうか?
今年の北上はおそめとは言え、天候をみて即撮影に行けないのはストレスである。
なにせ今回の旅の目的は「角館の桜」なのだ。
「人力車と桜」、「土塀と夜桜」を撮りたいのだけれど、はたしてどうなることやら、、
代車で行けない事も無いのだけど、カーナビも無しに辿りつく事は絶対不可能だろう。
何せ長年暮らしていた筈の仙台でも道に迷うんだから(爆)

しかもこの代車、、ちょっと問題がある。
米シボレー製には違いないのだけど、ビックカメラで売っていたものだ、、
そう、エンジンは2本の脚でオイルはヘモグロビンなのです。
やたら腹が減るんですね~(^_^;)
最初のうちは「静かで鳥探しにはバッチリ」なんて思ってたのだけど、今日なんてキーキーピーとブレーキが騒々しい声を出すようになっちまった。
しかも、トランクにスッポリ入るから良いかと思ってた小径ホイールの不安定な事ったら、、
二輪は限定解除まで持っている身としては、意地でもコケられんと気合を入れ頑張りましたよ、ホント。
でも、フラフラした様は別の意味でヤバかった。
かつて美川憲一さんが「もっと端っこ歩きなさいよ」と言っていたCMそのものの画ですもんね(汗)
実力としたら、多分娘と変らんだろうな、、

それにしても体力が落ちた事を感じぜずにはいられない。
直ぐに腿が苦しくなってしまう。
かつては自転車で一日に200Km近くも往復していたものだけど、今やったら確実に病院行きだろう。
いや、やろうとする気さえ起す事が間違いだ。
ピークを過ぎた体力は如何に温存するかで、その持ちに違いが出て来る。
考えてみれば特に維持する事もせず、ノンベンダラリンと20年を過ごしてしまったのだからもう取り返しはつかない。
それでも暫らくは無駄な抵抗をしてみるか(笑) このページのトップへ
今夜は著しく不愉快である。
夕方、ニュースで光市母子殺人事件担当弁護士の顔を見たから、、なのさ。
女性を殺し犯し、傍らで泣叫ぶ赤ん坊まで絞め殺した被告に何の酌量の余地が有るのだろうか?
そしてもし、犯行時に人間らしさが残っていたというのなら、二人の死体の隠蔽など、どうして出来たのだろうか。
酌量というのはそういった点を重視するものなので、今更何を言っても書いても「おぞましい居直り」にしか思えないんだなぁ。
身勝手極まりないこの被告は氏名も明かされてない。
犯行当時18歳としても今は24~5歳であり、その責任の重大性からも社会的制裁を受けて然るべきであろう。
陳述ではないが、報道で明かされた「手紙」には何かにつけSEXの文字である。
それ程までに性衝動を抑えられなかったという意味で突発性を主張し続け、死刑を逃れようとする根底には、生への渇望が兆したという証なのだろうが、余りにも勝手過ぎる。
兆す間も無く命乞いをする間も無く、一人の大人と一人の乳児は死んでいったのだよ。
この場に及んで、自分の命が危ういと感付き、ようやく命の重さが判ったようだけど、もう遅いのだよ。
例え酌量され放免される事が有ったとしても、一度気付いた命の重さが永遠に被告を責め続ける事であろう。
何故なら人の心というものは、そう出来ているからなのだよ。

弁護士も一体何を考えているのか。
まるで「や~め~て~」のオウム弁護に立ったあの人と同じだな。
名を売りたいのかな?
大変だろうに、何がしたいのかな?
偉そうなコメントする前に、期日という社会的に一番大事とされる「約束事」だけは守れよな。
人として破綻していない事を示すためにもな。 このページのトップへ
今日、長崎で13歳の弟が15歳の兄を撲殺するという事件が起きました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060415i411.htm?from=main4
原因は「テレビゲームを注意された事に腹を立てた」との事。
多分皆さんの誰もが耳を疑う事でしょうけど、私には「起こるべくして起きた」事件というのが率直な感想です。

何故そうなるのかとの勝手なコメントは控えます。
気になる方は、岡田尊司さんの「脳内汚染」を読んでみて下さい、是非。 このページのトップへ
今朝、通りでは、おめかしをした子供とその親たちの姿が目立った。
この辺りは今日が入学式だったようだ。
それこそ桜色のワンピース姿で、嬉々として跳ねていく子供達の姿は微笑ましく、眩しいものであった。
ふと、娘も今、同じように跳ねているのだろうかと頭を過った。

あまりの眩しさゆえ目を伏せてしまった。
正視できなかった。
出来る事なら、入学式には参列したかった。
例え遠くからその姿を探すだけであったとしても。
予測していた回答とは言え、胸を締め付ける痛みと腹の震えを抑え付け、これを書いている。

娘よ、きっと今日の君はピカピカに光っていた事だろう。
その姿を脳裏に焼き付けられなくて申し訳ない。
パパも君の姿を遠くからでも観れるよう、弁護士さんと一緒に頑張ったのだけど、叶わなかった。
君も眼の奥の方では、パパの姿を探していた事だろうね。
パパっ子だった君が、一番辛い思いをしているんだよね。
行ってやれなくて、本当にごめんね。

多分君は、ここに書いてある事とは正反対の事を言い聞かされているのだろう。
しかしそれは都合の良い嘘なんだよ。
パパの周りの人達は皆知っている事なんだ。
君の事だ、大きくなるにつれ、やがてその事に気付くだろと思う。
今、パパは何も伝えて上げられない。
だけれど、いずれ何かの機会で君が読むかも知れないと思い、ここに書いておく。

続きは「娘が消えた日」の続編で書く。
今、過去の記録を読み返しながら、事実に反しないよう、検証しながら書いているので、少し先にはなるが必ずこの場所に書く。

さあ、何処まで娘を誑かれるかである。
彼らは、娘は私の性格をそのまま引き継いだのだという重大事を忘れている。
陽の当らなぬままの陰はないのだ。 このページのトップへ
柔らかなり時、清水流るる一片に、心の滓を溶き流す

あと数日もすれば入学式となる。
つい先日、娘に正装用の服を一式揃えて送ってやった。
もう3年も会えていないから、サイズは標準値に照らして選んだ。
今はどれだけ大きくなっているのか。
成長を見届けてやれていない事は、ある種の罪と感じる。

何を買って良いか判らぬので、最近の人気ブランドなど、中学生になったばかりの友人の娘さんから色々と聞かせて戴いた。
スコッチハウスやエンジェルブルーが人気との事であったが、残念な事にショップではサイズが無いと言われてしまう。
時間は迫っていたので、フロア中を探して貰ってコムサで一式揃える事になった。
が、候補に上がっていた2つより確実に高い、、誘導されたか(爆)
自身の身形は薄汚いくせに、こういった時の私は人一倍煩くなってしまう。
アレはダメコレもダメで、倉庫から探して来いと言いつつ小一時間してお嬢様セットは出来上がった。
さぁ~てお値段は、、言わんとこ(^^;)

思えば娘が誕生した時もコムサであった。
昔、ウチの監査をやって貰っていた女史から戴いたものであった。
どうやら、女史の結婚祝に皆から寄付を集めて家電やら何やら贈った事へのお返しだったようだ。
娘にその服を着せて、一度位は写真を撮ってやったろうか。
プリントからネガから全て持ち出されてしまったので記憶は曖昧だけれど、初めて着せた服はコムサであった筈だ。

思えば娘の人生の節目にはコムサが付き物のようだけど、今回も私のファインダーに記録を残す事は無い。

何故、私は鳥バカなのか。
娘すら撮れない境遇である故、レンズを人に向ける気にはなれない。
人に敵う被写体は無いと思うのだが、出来ない。
まして子供の表情は無敵で、何物にも勝る輝きが有るのだが、いつも娘の事が思い起されレンズが曇る。
なのでそれを撮れない今、人にレンズを向ける気にはなれない。

娘よ、行って来い。
直接言ってやれないのでココに書いとく。
何も臆する事はない。
いざとなったらパパが飛んで行くから、恐れず君自身の人生を漕ぎ出せ。
いつだって心の何処かで見守っているから、安心しろ (^-^)V このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

03月 « 2006年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。