FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

いつかは書こうとしてたネタです。
HN詐称事件が有ったからでは有りませんが、良い契機だし書いちゃいます、、覚悟決めて。
何せ正体バレちゃうギリギリの線だしね(冷汗)

HNには人それぞれ、思い入れというものが誰しも有ると思います。
それはあだ名だったり、ニックネームだったり、愛情の込もった略称だったりが基になっているなんて、思うんです。
私のCyberは思い起こせば中学時代に遡りますなぁ~、、♪思えば遠くへ来たもんだ~(^_^;)
当時親しかった友人に「アイバー」と呼ばれる奴がいました。
彼は決してアイパー(古っ!)ヘアでは有りませんで、あだ名の後半は所謂「馬並」という由縁なんですが、名前一文字を合わせてアイバーとなった訳です。
で、私はサイバーとなり、後にこうしてCyberとなったわけです。
ぅん?、、って!!、何もアレが馬並という訳では有りませんよ!(爆)
彼は元々足が速く長距離もこなす持久力も有ったので、ウマナミの称号を貰ったのですけど、私の場合は、、やっぱ放とけっ!(爆)
彼をリーダーにしては、よくチャリで遠くまで出掛けたものでした。
先の記事で書いたコイツとは別行動で往復100Kmにチャレンジしてはパトカーに職質されと、、今考えれば相当な無茶をやってましたなぁ、、勉強もせずに(反省)
そんな中にタヌキ社長も居たんです、、当時は小狸だったけど(爆)

過去に書きましたけど、娘を連れ去られ、お金も巻き上げられて首が回らなくなり、3年前に郷里の仙台へ戻ったんです。
東京に住み始めて20年以上の歳月が過ぎていた私には、苦渋を舐めるかの決断でした。
「故郷に錦を飾る」ではないですが、正直言えば辛い生活の連続となりました。
娘には連絡が付かない、カネは無い、東京の裁判所通いは続くという、苦難三連荘のような生活が待っていました。
それでも仙台での生活で、一番に私の気持ちを支えてくれたのはタヌキ社長でした。
彼とは過去に些細な諍いがあり、実に10年も連絡を取ってなかったのですが、実家から意を決して電話したらば「あ!Cyber、お久しぶり」ですと、、!
この一言で全てが救われたと感じたことを、昨日のように思い返します。
それに都落ちしたというコンプレックスは、特に大きかったように思い起こせます。
今はこうして戻っては来れましたけど、当時は劣等感を消すべく東北ネタが有るサイト、、例えばさとひろスタジオ717桜姫の心を、毎日のように訪ねてましたからね。
「東北っていいじゃん」と思えたのは、この時が始めてだったかも知れません。
そして東京復帰願望にコメントで応え続けて下さったのが「悪徳不動産屋の独り言」のpoohpapaさんですw

こうして思えば随分と恵まれた人生だと、、カネこそ無いけど(^^;)、、そう思える私は幸せ者と感謝してます。
タヌキ社長を例に取れば、「本当の友達は、本当のピンチの時に助けてくれる」と感じるんです。
時に諍いも有りましたけど、タヌキは本当の友達です。
でも、もしHNがオリジナルであったらば、話も出来たカモ、、って余計な事か。
キャラと違う事かいちゃった、、飲み過ぎたな、、クダ撒きそうだから寝よっと!(爆)
スポンサーサイト



このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

12月 « 2006年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -