FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

もうオジサン、オバサン世代でなければ判らないであろうけど、この犯人は未だ捕まっていない。
時効になってしまった。
グリコ森永事件の怪人21面相と名乗った犯人、今この時、何処でどうしているのだろうか。

近年、検挙率の低下は目を覆うばかりであり、凶悪犯罪も外国人犯罪も、猟奇、異常性欲者犯罪も増えるばかりである。
奈良で昨年起きた事件はまだ記憶に新しいかと思う中、またしても抵抗もままならぬ子供への殺人が広島で起きた。
実は、いつ書こうかと躊躇していたところであった。
真相は未だ闇の中であるし、異常性欲者の心理については勉強不足で何とも言い難いが、犯罪、、つまり殺人は彼らの頭の中では実行以前に既に遂行しており、それを具現化したに過ぎないと、私は思っている。
自分が描いた空想世界の絵図らと、現実とを対比させる愚かな試みに過ぎないと言い切ってしまおう。
宮崎勤、サカキバラ、小林薫、、、等々。
異常と呼ばれる犯罪者たちであるが、何も近年になって異常者が増えた訳では決してない。
かつてヨーロッパでは、人間の最大のテーマである死の問題を克服すべく、不老不死の研究が盛んに行われ、生命の源と思われていた男性の陰嚢を体内に埋め込む手術など平気で行われていたという話だ。
つまり、狂気は今に始まった事ではないのだ。
脱線するので話を戻す。
広島の事件、今日のテレ朝の夕方のニュースで取り上げていたのだが、「前足も後ろ足もない事件」だそうだ。
つまり犯人は犯行現場へ移動も、そこからの逃亡の形跡がないという事だ。
なので遠くない所に潜伏しており、通常の生活を送っているものとの推測である。
語っていたのは、、すみません、名前は忘れましたが、、犯罪心理学には詳しそうな人ですm(__)m
実は私も同感と思い、ようやく書いてみようと思ったのであるけど、先にも述べたように異常と思われる行動をする犯人には、発作的な要素など先ず無いと思う。
全てが計画通りなのだ。
予め何度も空想の世界でシュミレーション(同義だな、、汗)を行い、現実社会の中でその空想的犯罪という欲求をを実行し、利己的な満足を得るに過ぎない。
もう少し踏み込むと、彼らにとってはその行為が空想と現実社会を結ぶ唯一の接点なのだ。
判り易く書こう。
かつてプレステに「シーマン」というゲームがあった。
CM的には仕事から帰った疲れたリーマンが、シーマンに愚痴を聞いて貰うという物であった。
端的に言うなら、現実の捌け口にバーチャルが存在していたのだ。
「リーマン」と「シーマン」を掛けたのだろうけど、、余談だが、ダジャレのネーミングは日本の大衆に受け入れられ易いという事が一番だったのだろうか。
話を戻そう。
昨今はそのバランスが崩れている。
ヤフーを語って偽記事を掲載し逮捕された男もその傾向を語る上で「顕著な現象」と思う。
何せ「ネットでコミュニケーションが取れて嬉しかった」とか「有名になりたかった」とか言っていたらしいし。
なので、昨今ではリアルとバーチャルが逆転してしまっていると言っても過言ではなかろう。
これは何も男子に限らず、佐世保の小6少女の事件が物語るように、今後の社会全体の傾向になるであろう。
大人とて例外ではない。
不景気、リストラ、失業、再就職等々、特に近年は社会的なストレスが高まっているように思えてならない。
新たな価値観を見付けられた人は幸いだろうが、不幸にもそうでない人は相当に辛い事であろう。
私だって「明日は我が身」と思う毎日である。

今日、国会で馬事雑言を吐いた「狐目の男」の実態も同じなのかも知れない。
ホントを言えば、こんな記事など書きたくは無かった。
我がブログを汚したくなかった。
前記事の「冬のホタル」関連で今年は哀しくも美しく終りたかったのであるが、どうにもこうにも、あの狐面を忘れない事には夢見が悪いと言うものであるし、これだけ長々と前置きを書いてやったのも悔やまれる。

あの男の事、分別ある親たちは子供に何と説明するのであろうか。
今回は参考人招致ではあったが、次回は証人喚問として貰いたいものだ。
子供たちに人気のオヤツに毒物を混入した狐目の男も、子供たちの頭上に何時崩れ落ちて来るか判らない建物を作って売った彼らも、生命を脅かすという意味では同罪であり断固糾弾されるべきである。
それにしても舐めとったね、、、
あの高慢ちきな態度は何であろうか?
勝谷誠彦さんの11/28の記事のサブタイトル一行に思わず唸ってしまった。
それにしても、ロッキードの時は「日笑祝い」の社長も手が震えてサイン出来なかったと言い残した場で有るのに。
FもOもKも泥沼の中に沈んで下さい。
特に戸塚ヨットスクールの校長だった人に似ているアナタ、、、姉さんと一緒に出家しなはれ。

あっ、姉さんは、、、もう、そうか..
スポンサーサイト



このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

10月 « 2005年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -