FC2ブログ

サザンコンフォート

                      グラス片手の四方山話

もう10年以上も前になる。
母親は脳幹部の動脈破裂で亡くなった。
脳幹、生体のベーシックな機能を制御している部分であるので、出血による脳圧迫と酸素欠乏から、正に脳死である。
例え開頭したとしても脳幹は深部、首に近い所にあるので、例えブラックジャックであっても論理的に手術は不可能であり、心停止するのは時間の問題であった。
症状が発現したのは前日の午後らしく、心停止は約24時間後であるから、如何に大量の出血が有ったか容易に想像は出来る。
それでも一筋の光だけは遮らないで欲しいというのが正直な所だと思うし、例え植物状態に陥ったとしても奇跡を祈りたいと思うものである。

脳死をヒトの死とするか、検討会ではまとめられなかったとの事で、今後国会で論議が展開される事になるのだろうか。
http://www.asahi.com/life/update/0521/001.html?t1
脳死判定をヒトの死とする目的は勿論臓器移植であるが、移植を待っている人達が多いのも事実であるし、静かに旅立たせてやりたいと言うのも、突然死を受け入れなければならなくなった、心の整理が付いていない親族の正直な気持ちである。
母親の場合は私が担当医に答えた。
「生前に望んでいませんでしたから」と。
ひとつ消え逝こうとしている命があり、それによって助かるかも知れない命もあるのも事実。
単純な計算で済ませれば2人より1人なのだが、1人の命は家族の命であるという背景も忘れてはならないのだと思う。
だが、ヒトの命は地球よりも重いという文言、裁判所でもよく引用されるが、患者の命は家族にも重いという現実面を無視する訳にもいかないのであるから悩ましい限りである。

身長150cm程の女性医師が髪を振り乱しながら、全体重を使って母親の脚や頭が反動で浮き上がる程に心臓マッサージを延々と繰返してくれた光景は一生忘れる事は無いだろう。
私はその時代、循環器を専門にシステムを作っていたので、悪い事に心電図の読み方を憶えてしまっていたのだ。
本当は女性医師に「もういいよ、先生寝てないんだろ?」と言ってあげたかったのだけど、医者としてはそうもいかない。
最後まで、つまり心停止まで延命の為の努力をしなければいけないのであるから、本当に因果な職業であるように思う。
まして動脈が破裂しているのであるから、心臓マッサージはより出血量を増やすという逆効果しか無い筈なのであるが、現行法ではそこまで細かく規定されていない。
あくまで心臓を停めない事が延命処置であるという事なら時代にそぐわない。

検討会で二案となったそれぞれの内容については発表されていないので何とも言えないが、脳死であるかの医学的判定については深く検討されるべきである。
少なくても脳波と脳幹反応の記録、心電図の記録は後々まで残しておくよう義務付けするべきである。
そうしないと新たな火種をばら撒くに事に成りかねないが、検討会では議論されたのか否か、今後の展開を意地悪く楽しみにしている。
スポンサーサイト



このページのトップへ
昨日午前中の事。
親父が電話を取次いでくれたのですが、高齢なためちょっと耳が遠くなってまして、「○○、バッドニ○ティさんから電話」、、、(大爆笑)
マジボケ、いやシンプルに呆けですね。
お~い!山田君、座布団三枚あげとくれ~っ!!

で、受話器を取ると、いきなり「インターネットを契約されて3ヶ月経ちますが」と、勝手に喋り始めたので、空かさず「どちらさん?」と突っ込むと「@ニ○ティーの△×と申します」と、ようやくご挨拶。
社会人としてなってませんね、、「お急がしいところ恐縮です」なんて言葉も有りませんでしたし、、
大体ウィークデーの午前中、自宅に電話して本人に繋がる確立なんてゼロに等しいと思うんですが、どう考えているんでしょうね?
職種に主婦って書きましたかぁ?
相変らず自分達が中心に居ると思ってるようですねぇ~。
そんな電話を仕事中に貰う側の事情など気にする事も無いのでしょうね、、キット。
昨日は朝から、一昨日に貰った難題を色々と調査中だったんです。
病院買ったから経営改善策を考えろ、収益出せと(買う前に相談しろ!;怒)
何で専門外のそんな事まで、、つくづく便利な奴なんですね、私は(泣)
なので集中している時に割り込まれるとカナ~リ頭に来るんですけど、余りにも的外れなタイミングに一気に体が重たくなりまして、、超脱力しながら「はぁ?」とか「べつにぃ」と適当に応えてましたけど..
大体インターネットを契約ですかぁ?
インフラはN社でプロバイダは他社、メールアドレスしか貰ってません。
しかも契約は5ヶ月近く前の話ですよ、、3ヶ月じゃ~ぁあ~りませんョォ(爆)
こんな電話、サッサ切るに限りますが、「ココ○グお使いになられていて、ご不便な事など、、云々」。
ニヤリとしたのは言うまでも無いのですが、「閉鎖しました」と2回言っても話を続けるので、「コンテストのトラブルで、古○社長の態度は大人の振る舞いとは思えないですね。だから閉鎖したんですよ」と、やさしく申しましたら「それは申し訳有りません」と言ってましたけど、更に「今後ご要望などございましたら」と食い下がるので思わず「社長更迭!」と諭してあげましたとさ(爆)

プロファイルに心理オタと書いていたつもりなんですが、過去ログ読んで電話して来なかったのが運の尽きですね。
ちょいと不安になっている様子です。
ネットで商売を展開するならば、連絡はネット上で、つまりメールでというのがエチケットだと思いますし、どう考えても効率的で経済的です。
電話だと通信費も人件費も掛かりますしね。
それでもメールではなくて電話という手段をとる時、皆さんはどういう時ですか?
相手の反応を、即感じ取りたいという時ではないですか?
メールは無視される事も多いので、リサーチ出来ない事もありますから。
と考えると、かなり焦ってるんでしょうか?

でも、どんなに困っても名簿だけは絶対売るなよ。
一字替えて申し込んでるから、出所直ぐ判るぞ(超爆)
引越ししないで頑張ってらっしゃるブロガーさんも沢山いらっしゃるのですから、もし読んでたら考えてみて下さいませ。
相当手遅れだとは思いますけど(超嫌味) このページのトップへ

Information

Cyber
  • Author: Cyber

Search

Calendar

04月 « 2005年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -